東海大学(読み)とうかいだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東海大学
とうかいだいがく

私立大学。 1943年創立の航空科学専門学校と 1944年創立の電波科学専門学校が合併して,1946年に発足。 1950年に新制大学となった。 1952年に短期大学部を併設。文学部,政治経済学部,法学部,工学部,海洋学部,理学部,体育学部,教養学部,医学部,開発工学部,健康科学部,情報理工学部,情報デザイン工学部,国際文化学部,生物理工学部,芸術工学部,情報通信学部,総合経営学部,産業工学部,農学部を置く。 1963年に大学院を設置。情報技術センター,宇宙情報センター,文明研究所,スポーツ医科学研究所など,多数の研究機関を併設する。本部所在地は東京都渋谷区

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

東海大学【とうかいだいがく】

東京都渋谷区に本部を置く私立大学。キャンパス神奈川県静岡県を中心とする。松前重義が1943年に航空科学専門学校,1944年に電波科学専門学校を開設。両者が1945年に合併して東海科学専門学校と改称,1946年東海大学となり,1950年新制大学。文科,理科の総合理解を方針とする。文,政治経済,法,教養,体育,理,工,開発工,医,海洋,健康科学,総合経営,産業工,農,国際文化,生物,生物理工,芸術工,情報デザイン工,情報通信,観光,情報理工の各学部(2012年4月現在)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東海大学
とうかいだいがく

私立。松前重義(まつまえしげよし)により設置された東海科学専門学校を母体として、1946年(昭和21)大学令により大学認可、1950年新制大学(文学・工学部)に移行した。その後急速な発展を遂げ、2010年(平成22)時点で、文学、政治経済学、法学、工学、海洋学、理学、体育学、教養学、医学、健康科学、情報理工学、総合経営学、国際文化学、情報通信学、芸術工学、産業工学、生物理工学、農学、観光学の19学部、工学、海洋学、理学、文学、政治学、芸術学、体育学、経済学、医学、法学、開発工学、健康科学、理工学、地球環境科学、生物科学、実務法学、人間環境学、国際地域学、芸術工学、産業工学、農学、総合理工学、組込み技術の23研究科からなる大学院を擁する総合大学となった。ほかに総合科学技術、文明、海洋、総合医学、教育、スポーツ医科学、平和戦略国際などの研究所がある。また東海大学短期大学部、東海大学医療技術短期大学などを併設し、全国各地の小、中、高校などと相まって、巨大な総合学園を形成している。本部は東京都渋谷区富ヶ谷2-28-4。[喜多村和之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の大学ブランド商品の解説

東海大学

[私立、東京都渋谷区]
[設置者]学校法人 東海大学
[創立者](航空科学専門学校)松前重義
[沿革・歴史]1943(昭和18)年、松前重義が航空科学専門学校を開設。1944(昭和19)年3月、電波科学専門学校・電波工業学校を設置。1945(昭和20)年8月、航空科学専門学校・電波科学専門学校を統合し、東海科学専門学校と改称。1946(昭和21)年4月、東海大学を設立。
[キャンパス]代々木キャンパス(渋谷区)/高輪キャンパス(港区)/札幌キャンパス(北海道札幌市南区)/旭川キャンパス(北海道旭川市)/湘南キャンパス(神奈川県平塚市)/伊勢原キャンパス(神奈川県伊勢原市)/沼津キャンパス(静岡県沼津市)/清水キャンパス(静岡県静岡市)/熊本キャンパス(熊本県熊本市)/阿蘇キャンパス(熊本県阿蘇郡南阿蘇村)
[マーク類]1992(平成4)年11月、建学50周年を機に学校法人東海大学UI検討専門委員会がコンペをおこなって決定された。学校法人東海大学の頭文字「T」を波にみたててデザインされたもの。このマークは「T・ウェーブ」という。マークは、商標登録済。
[ブランド一覧]
ラグビー部キューピーストラップ
(注)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」事典 日本の大学ブランド商品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とうかい‐だいがく【東海大学】

東京都渋谷区富ケ谷に本部がある私立の大学。昭和一八年(一九四三)創立の航空科学専門学校と同一九年設立の電波科学専門学校を統合して同二〇年に東海科学専門学校となり、同二一年現在名の旧制の大学、同二五年新制の大学となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東海大学の関連情報