コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東風平 こちんだ

3件 の用語解説(東風平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東風平
こちんだ

沖縄県沖縄島南部,八重瀬町北部の旧町域。1979年町制。2006年具志頭村と合体して八重瀬町となる。旧町名は近世以来の間切(まぎり。行政区画)名に由来する。養豚,サトウキビ栽培が主で,気候の特性をいかした熱帯果樹の生産や,ランのビニルハウス栽培も盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こちんだ【東風平】

沖縄の泡盛。蔵元の「神谷酒造所」は昭和24年(1949)創業。所在地は島尻郡八重瀬町字世名城。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東風平
こちんだ

沖縄県島尻(しまじり)郡にあった旧町名(東風平町(ちょう))。現在は八重瀬(やえせ)町の北西部を占める。旧東風平町は1979年(昭和54)町制施行。方音クチンダ。2006年(平成18)具志頭(ぐしかみ)村と合併し八重瀬町となった。旧町域は沖縄本島南部の内陸にあり、南端に八重瀬岳(163メートル)があるほかは平坦(へいたん)地。地域の大部分はジャーガルとよばれる肥沃(ひよく)土壌で、第二次世界大戦前、戦後とも純農村である。戦前、島尻郡役所の所在地。かつては水田が広がっていたが、現在はサトウキビのほか露地野菜栽培、酪農が盛んである。国道507号線が通じ、那覇市に近いことから住宅地化が進行している。沖縄自由民権運動の父謝花昇(じゃはなのぼる)の出身地で、銅像があるほか、歴史民俗資料館にその関連資料が展示されている。[堂前亮平]
『『東風平村史』(1976・東風平村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東風平の関連キーワード沖縄県島尻郡八重瀬町安里沖縄県島尻郡八重瀬町伊覇沖縄県島尻郡八重瀬町宜次沖縄県島尻郡八重瀬町高良沖縄県島尻郡八重瀬町当銘沖縄県島尻郡八重瀬町富盛沖縄県島尻郡八重瀬町仲座沖縄県島尻郡八重瀬町外間沖縄県島尻郡八重瀬町港川沖縄県島尻郡八重瀬町与座

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東風平の関連情報