コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵島山 きしまやま

2件 の用語解説(杵島山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杵島山
きしまやま

佐賀県南西部,武雄盆地と白石平野の間にある山。標高 342m。地質時代は島であったと推定される。杵島山を中心として北西から南東へ長さ約 10km,幅約 3kmの山地が形成されている。常陸の筑波山,摂津の歌垣山とともにわが国の三大歌垣山として知られ,『肥前国風土記』に春秋歌垣が催されたことや杵島曲 (きしまぶり) が記されている。江戸時代は藩の狩猟場で,現在は公園となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杵島山
きしまやま

佐賀県南西部にある丘陵性山地。有明(ありあけ)海に面する白石(しろいし)平野の西方にほぼ南北に連なる。杵島郡の白石町と武雄(たけお)市、嬉野(うれしの)市にまたがる。南北約9キロメートル、東西約4キロメートル。北は六角(ろっかく)川、南は塩田川で画され、西に武雄盆地などが開ける独立山地。輝石安山岩類などからなり、勇猛(いみょう)山(259メートル)、犬山岳(342メートル)、飯盛(いいもり)山(318メートル)、白岩山(340メートル)などの峰々を総称する。最高点は武雄市、白石町、嬉野市の境界で約370メートル。谷浅く、山麓(さんろく)各所に溜池(ためいけ)が分布し、ミカン園などが開ける。筑波(つくば)山とともに古代の歌垣(うたがき)で知られる。『万葉集』に登場し、『肥前国風土記(ひぜんのくにふどき)』逸文(いつぶん)にも、……歳毎(としごと)の春と秋に手を携えて登り望み、楽飲(さけの)み歌い舞いて、曲盡(うたつ)きて帰る。歌の詞(ことば)に云(い)わく、「あられふる杵島が岳を峻(さか)しみと草採りかねて妹(いも)が手を執(と)る」と、歌垣の様相や杵島曲(ぶり)について記している。多くの古墳群が分布し、西側のおつぼ山神籠石(こうごいし)、出水(でみず)法要の水堂安福寺(あんぷくじ)、雨乞(あまご)い農耕神の稲佐(いなさ)神社などが知られる。[川崎 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone