コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯盛 いいもり

3件 の用語解説(飯盛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯盛
いいもり

長崎県南東部,諫早市南西部の旧町域。長崎市に接し,橘湾に面する。 1955年江ノ浦村と田結村が合体して飯盛村となり,1965年町制。 2005年諫早市,小長井町,高来町,多良見町,森山町と合体して諫早市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯盛
いいもり

長崎県南部、北高来(きたたかき)郡にあった旧町名(飯盛町(ちょう))。現在は諫早(いさはや)市の南西端部を占める。旧飯盛町は1965年(昭和40)町制施行。2005年(平成17)諫早市に合併。旧町域の中央の馬場地区の南部は、ラグーン(潟(かた))であったが、元禄(げんろく)年間(1688~1704)に干拓され水田地帯となった。その東部は丘陵地帯で、畑作を主とし、ショウガ、ニンジン、ジャガイモを生産し、とくにショウガは天保(てんぽう)年間(1830~1844)以来生産され、市内有喜(うき)地区、長崎市戸石(といし)地区とともに県有数の特産地で、全国に出荷される。最近では畑地灌漑(かんがい)による栽培や、水田におけるハウス栽培も登場している。橘(たちばな)湾沿岸の漁村では、小型底引網、小型定置網、タコ壺(つぼ)などの零細漁業が行われている。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の飯盛の言及

【飯盛女】より

…江戸時代の旅宿にいた制限付きのいわば半公認の私娼(ししよう)の俗称で,たんに飯盛ともいい,食売女(めしうりおんな),宿場女郎(しゆくばじよろう),〈おじゃれ〉などとも呼ぶ。交通の要地にはすでに平安時代には売春婦がおり,交通と経済の発達に伴い,その数は増加した。…

※「飯盛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飯盛の関連情報