松井 石根(読み)マツイ イワネ

20世紀日本人名事典の解説

松井 石根
マツイ イワネ

大正・昭和期の陸軍大将



生年
明治11(1878)年7月27日

没年
昭和23(1948)年12月23日

出生地
愛知県名古屋市

学歴〔年〕
陸士(第9期)〔明治30年〕卒,陸大〔明治39年〕卒

経歴
漢学者の六男で、陸士を出て日露戦争に出征し戦勝。陸大卒後はハルビン特務機関長、参謀本部第2部長、第11師団長、ジュネーブ軍縮会議全権委員、軍事参議官などを歴任。昭和8年大将に進級。10年予備役となるが、12年召集、上海派遣軍司令官、中支那方面軍司令官を務め、南京攻略戦を指揮。13年復員し、7月内閣参議官、のち大政翼賛会興亜総本部総理。陸士では荒木貞夫真崎甚三郎と同期で、早くから陸軍部内の中国通として知られ、大アジア主義を提唱、大亜細亜協会を主宰した。派閥的には無色だった。しかし上海派遣軍司令官時代に南京虐殺事件が発生、このため戦後の東京裁判でその責任を問われ、23年12月23日A級戦犯として絞首刑に処せられた。平成5年南京事件以前の日記(12年8月〜10月)が発見された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

松井 石根 (まつい いわね)

生年月日:1878年7月27日
大正時代;昭和時代の陸軍軍人。大将
1948年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松井 石根の関連情報