コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真崎甚三郎 まさきじんざぶろう

6件 の用語解説(真崎甚三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真崎甚三郎
まさきじんざぶろう

[生]1876.11.27. 佐賀
[没]1956.8.31. 東京
陸軍軍人。 1897年陸軍士官学校,1907年陸軍大学校卒業。 11~14年ドイツ駐在武官。 31年台湾軍司令官,32年参謀次長,33年大将,軍事参議官。荒木貞夫と並んで軍部皇道派の巨頭と目され,青年将校の信望を集めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まざき‐じんざぶろう〔‐ジンザブラウ〕【真崎甚三郎】

[1876~1956]軍人。陸軍大将。佐賀の生まれ。陸軍士官学校長・教育総監を歴任。皇道派中心人物で、二・二六事件では関与を問われ起訴されたが無罪となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真崎甚三郎 まざき-じんざぶろう

1876-1956 明治-昭和時代前期の軍人。
明治9年11月27日生まれ。昭和8年陸軍大将。皇道派の中心人物で,9年教育総監兼軍事参議官となる。二・二六事件では反乱幇助(ほうじょ)の容疑で軍法会議にかけられたが無罪。戦後はA級戦犯として2年間収容された。昭和31年8月31日死去。79歳。佐賀県出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

まざきじんざぶろう【真崎甚三郎】

1876‐1956(明治9‐昭和31)
陸軍軍人。佐賀県生れ。陸軍士官学校(9期)卒業,日露戦争に従軍,陸軍大学校卒業。1923年陸士本科長,26年同校長に就任。この間,尊皇絶対の日本主義による訓育につとめ安藤輝三磯部浅一ら後年〈昭和維新〉に挺身した青年将校を輩出した。32年参謀次長に就任,荒木貞夫とともに皇道派の首領と仰がれた。33年大将,次いで教育総監となったが,35年林銑十郎陸相の反皇道派人事により罷免され,相沢事件二・二六事件の誘因をつくった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まざきじんざぶろう【真崎甚三郎】

1876~1956) 陸軍軍人。大将。佐賀県生まれ。皇道派の首領の一人。統制派により教育総監を罷免され、この罷免問題から相沢事件、二・二六事件などが派生した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真崎甚三郎
まざきじんざぶろう
(1876―1956)

陸軍軍人。佐賀県出身。陸軍士官学校9期。荒木貞夫(あらきさだお)、阿部信行(あべのぶゆき)、本庄繁(ほんじょうしげる)らと同期。陸軍大学校卒業後、陸軍省軍務局課員となり、おもに軍令・教育畑を歩く。1926年(大正15)陸士校長となり、精神主義教育を重視し生徒をひきつける。荒木らと反宇垣(うがき)閥を形成し、のちに皇道派とよばれる勢力の中心人物となる。1934年(昭和9)教育総監となり国体明徴運動を推進させたが、新たに台頭した統制派と対立し、林陸相に罷免された。二・二六事件では反乱幇助(ほうじょ)の容疑で逮捕されたが、結局無罪となる。敗戦後、A級戦犯容疑者として巣鴨(すがも)拘置所に収容されたが、被告選定の最終段階で起訴から外された。『真崎甚三郎日記』(山川出版社)が公刊されている。[小田部雄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の真崎甚三郎の言及

【皇道派】より

…昭和期の陸軍部内の派閥。1920年代後半,宇垣一成陸相のもとで形成された宇垣閥に反発した一派の系譜をひく荒木貞夫真崎甚三郎を中心とする派閥。陸相時代の荒木が国軍を皇軍といったり,皇道精神を唱えたりしたことから,皇道派という呼称が生まれた。…

【粛軍】より

…しかし,彼らが二・二六事件の指導者として決起すると,今度は逆に事件の責任の追及と内部統制再建のための措置が粛軍の具体的内容とされた。陸軍中央部は事件鎮圧とともに特設軍法会議を設け,反乱軍指導者をはじめ民間の北一輝らをも死刑を主とする厳罰に処したが,この間,36年3,4月には,事件当時の軍事参議官林銑十郎,真崎甚三郎,荒木貞夫,阿部信行の4大将をはじめ,現役の大将10名中7名を予備役に編入するなど,8月の定期異動をも含めて3000名をこえる空前の将校人事異動を行い,事件の責任を明らかにするとともに,皇道派勢力の一掃をはかった。また寺内寿一陸相は,4月8日の師団長会議で,軍人個々の政治行動は軍人の本分にもとるとし,軍の政治行動は陸軍大臣を通じてのみ行うべきものと訓示して軍内統制の方向を示し,政府も5月の第69議会で不穏文書取締法を成立させて,いわゆる怪文書取締りを強化して軍内秩序を側面から支援する姿勢を示した。…

※「真崎甚三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

真崎甚三郎の関連キーワード牛島満陸軍士官学校士官学校小島好問鈴木孝雄南部辰丙西原茂太郎野口坤之山内長人アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真崎甚三郎の関連情報