コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松坂藩 まつさかはん

2件 の用語解説(松坂藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松坂藩
まつさかはん

江戸時代初期,伊勢国 (三重県) 松坂地方を領有した藩。文禄4 (1595) 年古田重勝が3万 5000石で入封したのに始る。慶長5 (1600) 年2万石加増。2代続いて元和5 (19) 年石見 (島根県) 浜田へ転出,廃藩となり和歌山藩領となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松坂藩
まつさかはん

伊勢(いせ)国飯高(いいたか)郡松坂(三重県松阪市)周辺を領有した藩。外様(とざま)。1584年(天正12)豊臣(とよとみ)秀吉の臣蒲生氏郷(がもううじさと)が近江日野(おうみひの)から松ヶ島(松阪市)城12万石の城主に着任。良港があり街道沿いの要地ではあるが、地形上片寄りすぎるため、4年後に四五百森(よいほのもり)という西方丘陵に築城、地名を松坂、城を松坂城と命名、楽座楽市を採用し城下町を造成した。本丸に桃山様式の三重天守閣や敵見櫓(やぐら)など、二の丸に御殿、三の丸に侍屋敷を設けた。1590年、氏郷は会津(あいづ)に転封。翌年服部一忠(はっとりかずただ)(3万5000石)が入封。1595年(文禄4)古田重勝(しげかつ)が城主となり、関ヶ原の戦いには徳川方に属し、軍功により2万5000石を加封され5万5000石となる。1606年(慶長11)重勝は病死し弟重治(しげはる)が襲封したが、19年(元和5)石見(いわみ)浜田に転封となり、廃藩。同年徳川頼宣(よりのぶ)が紀州藩主となり、松坂領は同藩領となる。以後松坂城には紀州藩代官が置かれた。その後、天守閣、櫓などもしだいに崩れ、1794年(寛政6)二の丸跡に紀州陣屋が建てられた。1877年(明治10)失火のため城内の建物を焼失。現在、城跡内には、本居宣長(もとおりのりなが)の鈴屋(すずのや)旧宅・記念館がある。[原田好雄]
『久世兼由著『松坂権輿雑集』(1919・三重県史談会) ▽堀内信編『南紀徳川史』全17冊(1930~33・同書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の松坂藩の言及

【松阪[市]】より

…近江商人を呼び,近辺からも農民以外を移住させて商人町,職人町を整備し,楽市による繁栄を図った。以後,領主の交代が続いたが,1619年(元和5)古田重治が石見国浜田へ移封されて松坂藩は廃藩,以後紀州藩領になり,城代―奉行の機構によって支配された。城下町にふさわしい町の配置,外敵を防ぐ工夫を施した街路や家並みは長く残ったが,政治都市としては停滞した。…

※「松坂藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松坂藩の関連情報