コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山高吉 まつやまたかよし

3件 の用語解説(松山高吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松山高吉
まつやまたかよし

[生]弘化3(1846).12.10. 越後,糸魚川
[没]1935.1.4. 京都
キリスト教の牧師。神戸で D.C.グリーンに接し,その感化で受洗し,摂津第1基督公会を組織。宣教師による新旧約聖書翻訳事業に日本人協力者として加わり,すぐれた文才により,明治訳として高く評価される訳文の作成に貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松山高吉 まつやま-たかよし

1847*-1935 明治-昭和時代前期の牧師。
弘化(こうか)3年12月10日生まれ。平田銕胤(かねたね),黒川真頼(まより)に国学をまなぶ。キリスト教排斥のため宣教師D.C.グリーンの英学塾にはいったが,回心して明治7年受洗。摂津第一公会(現神戸教会)の創立にくわわり,同志社理事,教授をつとめた。聖書の日本語訳に参加,賛美歌の作詞でも知られる。昭和10年1月4日死去。90歳。越後(えちご)(新潟県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松山高吉

没年:昭和10.1.4(1935)
生年:弘化3.12.10(1847.1.26)
牧師,聖書翻訳者。越後(新潟県)糸魚川に生まれる。幼少より国学,漢学を京都,東京で学んだ。平田派神道の立場から反キリスト教の目的で変名して神戸のD.C.グリーンの英学塾に潜入するが,キリスト教を学ぶうちに信仰を得て,明治7(1874)年摂津第一公会(神戸教会)の初代受洗者となる。以来,牧師として,同志社社員として,また同志社,神戸女学院,平安女学院で教えるなど,多彩な活躍をした。ことに同志社では新島襄亡きあとの混乱期をよく指導した。また日本で最初に全訳された『旧約聖書』『新約聖書』の翻訳に協力して中庸にして荘厳な文体を工夫し,日本最初の讃美歌の編纂にも参加,自ら作詞もした。キリスト教の日本への土着化への道を模索しつつ,超教派運動に理解を示し,また実践し,最後は聖公会の堅信礼(信仰告白)を受けた。日本初代のプロテスタントひとり。<参考文献>溝口靖夫『松山高吉

(原誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

松山高吉の関連キーワードヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇海王星浦上春琴オイケン海王星和宮

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone