コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林屋正蔵(初代) はやしや しょうぞう

2件 の用語解説(林屋正蔵(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林屋正蔵(初代) はやしや-しょうぞう

1781-1842 江戸時代後期の落語家。
天明元年生まれ。初代三笑亭可楽の門下。楽我,可竜,笑三をへて林屋正蔵を名のる。怪談噺(ばなし)の創始者。狂歌,義太夫などにも長じ,噺本「升(ます)おとし」や合巻「帯屋於蝶三世談(おびやおちょうさんぜものがたり)」の著作をのこす。一時2代鹿野(しかの)武左衛門を名のった。天保(てんぽう)13年6月5日死去。62歳。江戸出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

林屋正蔵(初代)

没年:天保13.6.5(1842.7.12)
生年:天明1(1781)
江戸後期の落語家。江戸生まれ。26歳で初代三笑亭可楽に入門,まず三笑亭楽我(賀)を名乗り,可竜,笑三,さらには林屋正蔵と改名。37歳で江戸きっての盛り場,両国広小路で寄席を経営,1年中昼席を開き,日々演題を改め,江戸見物の人々を引きいれた。仕掛けや人形を用いた怪談咄を得意とし得たのも,持ち席あればこそで,自作の『軽口頓作 ますおとし』(1826)などの咄本や合巻を寄席で籤引きの景品とした。55歳で剃髪したが還俗。今戸慶養寺に葬る。名跡は昭和56(1981)年に彦六と改名した8代目におよび,初代の得意とした怪談咄を継承。なお4代正蔵から亭号は「林家」。<参考文献>延広真治『落語はいかにして形成されたか』

(延広真治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林屋正蔵(初代)の関連キーワード三好汝圭斎藤抱山桂文枝三笑亭可楽三遊亭円生朝寝坊夢楽春風亭柳枝(初代)船遊亭扇橋(2代)遠山弘湖百多楼団子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone