林屋正蔵(読み)ハヤシヤショウゾウ

大辞林 第三版の解説

はやしやしょうぞう【林屋正蔵】

1781~1842) (初世)落語家。林屋(家)派の祖。三笑亭可楽の門人。怪談咄ばなしを得意とし、道具入り怪談咄を創始。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android