コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林田[温泉] はやしだ

1件 の用語解説(林田[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はやしだ【林田[温泉]】

鹿児島県姶良(あいら)郡牧園町,霧島山中腹の温泉。霧島温泉郷の中心的温泉で,桜島,大隅半島薩摩半島などを見下ろす標高約760mの高原地帯にあり,霧島屋久国立公園に含まれる。含ボウ硝硫化水素泉,47~54℃。1929年にバス事業にかかわる林田熊一により開発され,31年バスが通じ,以後交通の拠点として繁栄してきた。近年,有料道路(霧島道路)の開通により宮崎県のえびの高原との連絡もよくなった。鹿児島市および日豊本線霧島神宮駅,肥薩線霧島西口駅などからバスが通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の林田[温泉]の言及

【霧島温泉郷】より

…広義には鹿児島県北東部から宮崎県にまたがる霧島山周辺のすべての温泉を含む地域であるが,普通は霧島山南西斜面の標高600~800mにある諸温泉地帯をいう。大部分は鹿児島県姶良(あいら)郡牧園町に属し,明礬(みようばん),硫黄谷,栄之尾,林田,丸尾,栗川などのほか,10以上の泉源がある。泉温は60℃以上,泉質は硫化水素泉,酸性ミョウバン泉,食塩泉などである。…

※「林田[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone