コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二十世紀 ニジッセイキ

4件 の用語解説(二十世紀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にじっ‐せいき【二十世紀】

西暦1901年から2000年までの100年間。
ナシの一品種。19世紀末に千葉県松戸で発見された。果皮は淡緑黄色、果肉は水分に富み甘い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

二十世紀

鳥取県、奈良県、福井県などで生産される中生の青ナシ。果実の大きさは300グラム程度。果皮は薄い黄緑色で、糖度は11度程度、酸味もあり果汁が豊富。1888年に千葉県で発見された品種。1904年に鳥取県に導入、生産量・販売量とも同県が日本一。海外にも輸出されるブランド梨のひとつ。

二十世紀

鳥取県鳥取市、亀甲やが製造・販売する銘菓。水飴地に梨の肌の艶をもたせ、芯の形を打ち抜いたもの。鳥取県特産の二十世紀梨輪切りを模している。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にじっせいき【二十世紀】

西暦1901年から2000年までの100年間。
ナシの栽培変種。千葉県の松戸覚之助によって発見された。果皮は淡黄緑色、果肉は多汁で甘味・酸味とも適度。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二十世紀の関連キーワード祝だいこん新水刀根早生長良なつひめ花御所柿福ダルマ紅サシ桝井ドーフィンみどよ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二十世紀の関連情報