コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二十世紀(読み)ニジッセイキ

デジタル大辞泉の解説

にじっ‐せいき【二十世紀】

西暦1901年から2000年までの100年間。
ナシの一品種。19世紀末に千葉県松戸で発見された。果皮は淡緑黄色、果肉は水分に富み甘い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

二十世紀

鳥取県、奈良県福井県などで生産される中生の青ナシ。果実の大きさは300グラム程度。果皮は薄い黄緑色で、糖度は11度程度、酸味もあり果汁が豊富。1888年に千葉県で発見された品種。1904年に鳥取県に導入、生産量・販売量とも同県が日本一。海外にも輸出されるブランドのひとつ。

二十世紀

鳥取県鳥取市、亀甲やが製造・販売する銘菓。水飴地に梨の肌の艶をもたせ、芯の形を打ち抜いたもの。鳥取県特産の二十世紀梨輪切りを模している。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

にじっせいき【二十世紀】

西暦1901年から2000年までの100年間。
ナシの栽培変種。千葉県の松戸覚之助によって発見された。果皮は淡黄緑色、果肉は多汁で甘味・酸味とも適度。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二十世紀の関連情報