コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳成龍 りゅうせいりゅう Yu Sǒngryong

3件 の用語解説(柳成龍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳成龍
りゅうせいりゅう
Yu Sǒngryong

[生]中宗37(1542)
[没]宣祖40(1607)
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の政治家,学者。慶尚北道安東郡豊山面出身。字は而見。号は西 厓。李退渓に師事し,明宗 22 (1567) 年文科に及第。右議政,左議政を経て壬辰の倭乱 (→文禄・慶長の役 ) のときは都体察使として李舜臣らの名将を起用し,領議政 (首相) になって避難する王に従ったが,国家変乱の責任をとって辞し,都体察使になって日本軍と対戦した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

柳成龍【りゅうせいりゅう】

朝鮮王朝の政治家,文人。号は西【がい】。李退渓に学ぶ。壬辰倭乱文禄の役)の際に,領議政,兵曹判書の要職に任命される。秀吉の朝鮮侵略の危険を察知し,李舜臣を登用,防衛体制の整備に尽力するが,国内の動揺回避のため侵略はないと主張し失脚させられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳成龍
りゅうせいりゅう
(1542―1607)

朝鮮、李朝(りちょう)の政治家、学者。字(あざな)は而見(じけん)、号は西(せいがい)、諡号(しごう)は文忠。退渓李滉(りこう)の門人。学識徳行ともに優れ、儒生の尊敬を集めた。官は最高位の領議政に至る。壬辰倭乱(じんしんわらん)(豊臣秀吉(とよとみひでよし)の朝鮮侵入)の際、都体察使として軍務を総括し、李舜臣(りしゅんしん)、権慄(けんりつ)(1537―1599)らの名将を登用したほか、軍隊養成のため訓錬都監を新設し、火器製造、城郭修復など軍備の充実に努力した。著書に『西集』『懲(ちょうひろく)』などがある。[山内弘一]
『朴鐘鳴訳注『懲録』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳成龍の関連キーワード中宗N没・歿勃・歿・没埼玉県志木市中宗岡藤中宗徹Diaz de la Peña,N.中宗(東晋)中宗(唐)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone