コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土肥原賢二 どひはらけんじ

7件 の用語解説(土肥原賢二の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土肥原賢二
どひはらけんじ

[生]1883.8.8. 東京
[没]1948.12.23. 東京
陸軍軍人。 1904年陸軍士官学校,12年陸軍大学校卒業。 18~20年袁世凱の軍事顧問補佐官,その後参謀本部付きとしてたびたび中国へ出張。 24年直隷派の馮玉祥のクーデターを演出。 31年奉天特務機関長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

土肥原賢二【どいはらけんじ】

軍人,陸軍大将。岡山県生れ。1912年陸大卒。中国通の専門家として知られ,満州事変勃発(ぼっぱつ)当時特務機関長として活躍。華北侵略の画策(華北分離工作)を進め,日中戦争時には土肥原機関を設立,呉佩孚(ごはいふ)擁立工作を行った。
→関連項目柳条湖事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土肥原賢二 どひはら-けんじ

どいはら-けんじ

土肥原賢二 どいはら-けんじ

1883-1948 明治-昭和時代前期の軍人。
明治16年8月8日生まれ。中国通として知られる。奉天特務機関長,土肥原機関長として,清朝廃帝の溥儀(ふぎ)の天津脱出,満州移送をはじめ,各種の対中国謀略活動にあたる。昭和10年土肥原-秦徳純協定に調印。16年陸軍大将。航空総監,教育総監を歴任。昭和23年12月23日A級戦犯として絞首刑。66歳。岡山県出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

どいはらけんじ【土肥原賢二】

1883‐1948(明治16‐昭和23)
陸軍軍人(大将)。岡山県出身。陸軍士官学校(16期),陸軍大学校卒。1931年奉天特務機関長に就任,満州事変の勃発とともに清朝廃帝溥儀(ふぎ)の引出し工作にあたる。33年再び同機関長となり,35年華北に対する謀略工作を指導した。日中戦争中には中国関係の謀略組織として土肥原機関を設立し,呉佩孚(ごはいふ)の擁立工作を行った。その後,第5軍司令官,航空総監などをへて45年教育総監となる。敗戦後,A級戦犯として起訴され絞首刑。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どひはらけんじ【土肥原賢二】

1883~1948) 軍人。陸軍大将。岡山県生まれ。奉天特務機関長として満州事変に関与。土肥原秦徳純協定を結ぶ。1938年(昭和13)土肥原機関を設立。戦後 A 級戦犯として絞首刑。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土肥原賢二
どいはらけんじ
(1883―1948)

明治・大正・昭和時代の軍人。陸軍士官学校第16期、陸軍大学校卒業。中国通で、陸軍の代表的特務機関長の一人。明治16年8月8日岡山県に生まれる。天津(てんしん)特務機関勤務などを経て、1931年(昭和6)8月奉天(ほうてん)特務機関長となり、同年の満州事変直後、奉天市長に就任、袁金鎧(えんきんがい)を通じて傀儡(かいらい)組織遼寧(りょうねい)地方治安維持委員会をつくらせる。1931年11月、天津で中国人による反張学良(ちょうがくりょう)暴動を起こさせ(第一次天津事件)、その混乱に乗じて日本租界にいた溥儀(ふぎ)(清(しん)朝最後の皇帝で、のち「満州国」皇帝となる)を満州に移送した。1933年10月ふたたび奉天特務機関長に就任、内蒙(ないもう)工作を進め、1935年6月「土肥原‐秦徳純(しんとくじゅん)協定」を締結して華北分離工作の重要な一歩を築き、11月には傀儡組織の冀東(きとう)防共自治委員会(のち政府)を発足させた。1938年には、和平工作の一環として旧直隷(ちょくれい)系軍閥呉佩孚(ごはいふ)の担ぎ出しを画策。敗戦時は第一二方面軍司令官(大将)。A級戦犯として昭和23年12月23日に刑死した。[安井三吉]
『土肥原賢二刊行会編『秘録土肥原賢二』(1972・芙蓉書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の土肥原賢二の言及

【冀察政務委員会】より

…日本の華北工作に対応して,1935年12月に中国国民政府が河北(冀),チャハル(察)両省と北平(北京),天津両市の政務を処理させるために北平につくった緩衝政権。この年日本軍は華北工作を推進したが,国民政府が11月に幣制改革を断行して経済的な統一をはかると,関東軍の土肥原賢二特務機関長は華北の軍閥に〈自治〉政府の樹立をせまった。だがこれは成功せず,日本軍は非武装地帯内に冀東防共自治委員会を樹立させ,北平,天津でも軍事的な圧力をかけた。…

※「土肥原賢二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土肥原賢二の関連キーワード宇垣一成牛島満児島惣次郎鈴木孝雄南部辰丙西原茂太郎仁田原重行野中四郎畑英太郎アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土肥原賢二の関連情報