コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田敬 しばたけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柴田敬
しばたけい

[生]1902.9.2. 福岡
[没]1986.5.22. 東京
理論経済学者。 1927年京都帝国大学経済学部卒業。 29年同大学講師。 31年来日中の J.A.シュンペーターと議論を戦わせる。同年助教授。 33年に発表した英語論文が O.ランゲに紹介され,国際的に名前が知られる。 36年ハーバード大学留学,Econometric Society会員になる。 37年ロンドンに渡り,J.M.ケインズ,J.R.ヒックスらと知合う。 39年教授。 46年京都大学経済学部教官総辞職問題で依願免官。 52年山口大学教授,60年青山学院大学教授,74年九州産業大学教授。近代経済学マルクス経済学の対比・収斂の可能性を追求した。著書に『理論経済学』 (1935~36) ,『ケインズ派の理論の根本的誤謬』 (55) ,『経済の法則を求めて』 (78) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田敬 しばた-けい

1902-1986 昭和時代の経済学者。
明治35年9月2日生まれ。河上肇(はじめ),高田保馬に師事し,昭和14年母校京都帝大の教授。8年に発表したマルクス経済学と一般均衡理論の結合をめざす論文「理論経済学」が,国際的に評価される。戦後,山口大,青山学院大教授をつとめ,公害問題や資源問題にとりくんだ。昭和61年5月22日死去。83歳。福岡県出身。著作に「地球破壊と経済学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しばたけい【柴田敬】

1902~1986) 経済学者。福岡県生まれ。京大教授。河上肇・高田保馬に学ぶ。著「理論経済学」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

柴田敬の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android