コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴谷篤弘 しばたに あつひろ

3件 の用語解説(柴谷篤弘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴谷篤弘 しばたに-あつひろ

1920-2011 昭和後期-平成時代の生物学者。
大正9年8月1日生まれ。昭和24年渡辺格(いたる)らと核酸研究会をつくり,分子生物学,発生生物学などの研究にすすむ。広島大教授などをへて,41年オーストラリア連邦科学産業研究機構研究員。平成4年京都精華大学長。科学批判思想家として知られた。平成23年3月25日死去。90歳。大阪出身。京都帝大卒。本名は横田篤弘。著作に「反科学論」「構造主義生物学原論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

柴谷篤弘【しばたにあつひろ】

分子生物学者。本名,横田篤弘。大阪府堺市出身。日本の分子生物学の開拓者。京都大学理学部卒業。理学博士・医学博士。広島大学原爆放射能医学研究所教授,オーストラリア科学産業研究機構上級主任研究員などを歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柴谷篤弘
しばたにあつひろ
(1920―2011)

分子生物学・細胞生物学・発生生物学者。京都帝国大学理学部動物学科卒業後、山口県立医科大学教授、広島大学教授、オーストラリアCSIROCommonwealth Scientific and Industrial Organisation連邦科学産業研究機構)動物遺伝学部および分子生物学部主席研究員、関西医科大学教授、ベルリン高等学術研究所客員研究員、京都精華大学学長を歴任。1996年(平成8)京都精華大学名誉教授。研究対象は昆虫分類・形態学、動物学、細胞生物学、分子生物学、発生生物学、理論生物学のほか、科学批判、自然保護論なども展開した。
 渡辺格(いたる)(1916―2007)とともに、もっとも早期にDNA研究の重要性を認識した日本における分子生物学研究の先駆者の一人。1960年(昭和35)に出版された『生物学の革命』ですでに遺伝子診断、遺伝子治療、ナノテクノロジーの登場を予見し、広く分子生物学の革命的意義を知らしめた。
 また「生命」の科学的理解を求めて、科学哲学、構造主義言語理論などさまざまな理論を網羅的に吸収し、独自の理論を打ち立ててきたが、1985年に、池田清彦(1947― )と構造主義生物学を提唱し、ネオ・ダーウィニズム(メンデルの遺伝学とダーウィンの自然淘汰(とうた)を統合した進化論。総合説)とは異なる独自の進化論を提案する。発生や進化などの生命現象の実体は、物理化学的法則から一意的に導くことができない恣意(しい)的なルールにもとづく生体分子間の記号的論的コミュニケーションであり、このルールの生成と変化が重要であって、遺伝子の変異は二次的な要因でしかないと主張し、唯物論、機械論に抵触することなく還元主義を否定した。1986年に構造主義生物学国際ワークショップを開催し、「生命の動的構造研究のための」国際的な科学運動の組織として「大阪グループ」を発足させた。
 1992年にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された国連環境会議で、キーワードとなった「持続可能な発展」および「多様性」の持続には「循環」がもっとも重要な要素であることを生態学、生物学の見地から主張した。環境や生態系を静的に「安定性」を保つべき対象としてとらえるのではなく、動的であるがゆえに持続する「多様性」に着目し、絶えず「変化」しながら全体の多様性を保つべく、人間と生態系の間に「循環」する相互作用を持続させることがもっとも重要であるとの主張は広く注目を集めた。
 そのほかの著書には『反科学論』(1973)、『今西進化論批判試論』(1981)、『科学批判から差別批判へ』『ソ連邦沿海州で考えたこと』(ともに1991)、『エントロピーとエコロジー再考』(1992。槌田敦(つちだあつし)(1933― )との共著)、『われわれにとって革命とは何か』(1996)、『われらが内なる隠蔽』(1997)、『比較サベツ論』『オーストラリア発柴谷博士の世界の料理』(ともに1998)などがある。[大和雅之]
『『生物学の革命』(1960/改訂版・1970・みすず書房) ▽『今西進化論批判試論』(1981・朝日出版社) ▽『科学批判から差別批判へ』(1991・明石書店) ▽『ソ連邦沿海州で考えたこと――日本海の向う側 環日本海の環境政治学』(1991・阿吽社) ▽柴谷篤弘・槌田敦著『エントロピーとエコロジー再考――生態系の循環回路』(1992・創樹社) ▽『われわれにとって革命とは何か――ある分子生物学者の回想』(1996・朝日新聞社) ▽『われらが内なる隠蔽』(1997・径書房) ▽『比較サベツ論』(1998・明石書店) ▽『オーストラリア発柴谷博士の世界の料理』(1998・径書房) ▽柴谷篤弘著『構造主義生物学』(1999・東京大学出版会) ▽『反科学論』(ちくま学芸文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の柴谷篤弘の言及

【反科学】より

…その代表的思想家は,対抗文化countercultureを唱えたアメリカのローザクTheodore Roszak(1933‐ )である。日本では生物学者の柴谷篤弘が独自の〈反科学〉を提唱し,話題を呼んだ。柴谷は現存する科学を,職業専門家による独占のもとで,科学者以外の人々から隔離された形で,可能な最大速度で知識を生産していく自己増殖的な営みとして理解し,それを可能とするのが科学的方法であると考えた。…

※「柴谷篤弘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柴谷篤弘の関連キーワード伊藤冨雄乾崇夫大橋吉之輔菊地吾郎熊田誠築島裕辻隆新島繁(2)河野道代山田宗徧(3)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柴谷篤弘の関連情報