コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核心的利益 カクシンテキリエキ

2件 の用語解説(核心的利益の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かくしんてき‐りえき【核心的利益】

最も重要視される利益。特に、中国が自国の体制・政治制度・社会の安定・経済発展などを維持するために断固として保護することを明言している、同国にとっての利益のこと。台湾・チベット南シナ海などについて主張している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

核心的利益
かくしんてきりえき

どんな代償を払っても守らなければならない決心を示すときに使われる中国の外交用語。中国語では「核心利益」と表記する。絶対に妥協することはできない、武力行使も躊躇(ちゅうちょ)しない、などの意味がこめられている。「核心的利益」より弱い表現として「重要利益」と「利益」がある。
 中国政府は2011年9月に発表した「中国の平和的発展」と題する白書で、核心的利益について、(1)国家主権、(2)国家の安全、(3)領土保全、(4)国家の統一、(5)国家の政治制度と社会の大局の安定、(6)経済・社会の持続的発展への基本的な保障、に関わるものと定義した。
 江沢民(こうたくみん)や胡錦濤(こきんとう)までの中国の指導者は、国際会議などの場でチベットや新疆(しんきょう)の独立問題、ならびに台湾、南シナ海に言及するときによく「核心的利益」という語を使ってきたが、習近平(しゅうきんぺい)政権になってからその適用範囲が拡大され、2013年4月、中国外務省の報道官は記者会見で、中国が領有権を主張する沖縄県石垣市の尖閣諸島(せんかくしょとう)についても初めて「核心的利益」であると主張した。[矢板明夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核心的利益の関連キーワード社会体制比較政治学反体制自治制政治革命ドルペッグペッグ制(Pegged exchange rate system)《旧フランス政治制度史》大統領制型政治制度《ニューイングランド諸教会の統治制度の擁護》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

核心的利益の関連情報