コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂川町 けいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂川〔町〕
けいせん

福岡県中部,嘉穂盆地の南部にある町。 1940年町制。遠賀川の支流泉河内川,穂波川が形成した沖積平野古第三紀層の丘陵地に位置する。明治中期,炭鉱が開かれてから急速に発展。 40~52年にかけてが最盛期で,人口も一時2万をこえた。 53年以降エネルギー革命の影響によって 10の炭鉱が閉山し,農業の町に戻った。 63年からは産炭地域振興事業として企業誘致に力が注がれ,機械工業などの工場の立地が進んだ。 68年篠栗線が八木山トンネルを通って福岡市に直結してからは,住宅地化が著しい。民芸品土師 (はじ) 焼は特産。 1934年に採土工事中に発見された王塚古墳は最大の装飾古墳として知られ特別史跡に,また多くの出土品は重要文化財に指定。 JR筑豊本線が通り,桂川で篠栗線を分岐。面積 20.14km2。人口 1万3496(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

桂川町の関連キーワード福岡県嘉穂郡桂川町九郎丸福岡県嘉穂郡桂川町内山田福岡県嘉穂郡桂川町瀬戸福岡県嘉穂郡桂川町土居福岡県嘉穂郡桂川町中屋福岡県嘉穂郡桂川町土師福岡県嘉穂郡桂川町寿命福岡県嘉穂郡桂川町豆田福岡県嘉穂郡桂川町吉隈王塚古墳〈福岡県〉王塚装飾古墳館福岡県嘉穂郡桂川町の要覧桂川(町)瀬戸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桂川町の関連情報