桂枝加竜骨牡蠣湯(読み)けいしかりゅうこつぼれいとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

けいしかりゅうこつぼれいとう【桂枝加竜骨牡蠣湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)桂枝または桂皮(けいひ)竜骨牡蠣芍薬(しゃくやく)生姜(しょうきょう)大棗(たいそう)甘草(かんぞう)などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。神経症不眠症性的機能低下小児夜泣き小児夜尿症などに用い、のぼせ動悸(どうき)、疲労感などの症状をともなうとき、とくに有効とされる。神経質虚弱体質の人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android