コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂沢湖 かつらざわこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂沢湖
かつらざわこ

北海道中央部,三笠市の東部にある人造湖。面積 4.99km2。周囲約 62km。 1957年,石狩川の支流,幾春別 (いくしゅんべつ) 川上流の多目的の桂沢ダム (高さ 64m,長さ 334m) 完成により造成。 9270万tの貯水量をもち,洪水調節,灌漑,上水道用水 (三笠岩見沢,美唄の各市) ,発電 (最大出力1万 5000kW) に利用される。湖畔は広葉樹林に囲まれて紅葉が美しく,冷泉利用の桂沢温泉がある。上流からはアンモナイト化石が出土。富良野芦別道立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かつらざわ‐こ〔かつらざは‐〕【桂沢湖】

北海道中部三笠市桂沢にある湖。昭和32年(1957)道内初の多目的ダムである桂沢ダムが造られた際にできた人造湖。周囲62キロメートル。周辺はアンモナイトなどの化石が多く出土する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕桂沢湖(かつらざわこ)


北海道中南部、石狩(いしかり)川水系幾春別(いくしゅんべつ)川の上流部にある桂沢ダムによってできた人造湖。桂沢ダムは、1957年(昭和32)完成の道内最初の多目的ダムで、重力式コンクリートダム(堤高63.6m、堤長334.3m、面積4.99km2)。三笠(みかさ)市・岩見沢(いわみざわ)市などの上水道源や灌漑(かんがい)・発電に利用される。芦別(あしべ)川の芦別ダムの水を地下導水路で導水する。湖畔(こはん)は紅葉の名所で、アンモナイトなどの化石出土で知られ、桂沢温泉がある。富良野(ふらの)芦別道立自然公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桂沢湖
かつらざわこ

北海道中西部、三笠(みかさ)市を流れる幾春別(いくしゅんべつ)川上流につくられた人造湖。桂沢ダムは北海道総合開発第一次五か年計画に基づき、1957年(昭和32)完成された最初の多目的ダムである。貯水量9270万立方メートルで、出力2万キロワットの発電所、下流域の農業用水、三笠、岩見沢、美唄(びばい)3市の上水道水などに利用される。周辺は富良野芦別(ふらのあしべつ)道立自然公園に含まれ、キャンプ場があり、ボート遊びなど地域住民に親しまれている。[柏村一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

桂沢湖の関連キーワード桂沢国設スキー場三笠(市)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android