コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂沢湖 かつらざわこ

4件 の用語解説(桂沢湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂沢湖
かつらざわこ

北海道中央部,三笠市の東部にある人造湖。面積 4.99km2。周囲約 62km。 1957年,石狩川の支流,幾春別 (いくしゅんべつ) 川上流の多目的の桂沢ダム (高さ 64m,長さ 334m) 完成により造成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かつらざわ‐こ〔かつらざは‐〕【桂沢湖】

北海道中部三笠市桂沢にある湖。昭和32年(1957)道内初の多目的ダムである桂沢ダムが造られた際にできた人造湖。周囲62キロメートル。周辺はアンモナイトなどの化石が多く出土する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕桂沢湖(かつらざわこ)


北海道中南部、石狩(いしかり)川水系幾春別(いくしゅんべつ)川の上流部にある桂沢ダムによってできた人造湖。桂沢ダムは、1957年(昭和32)完成の道内最初の多目的ダムで、重力式コンクリートダム(堤高63.6m、堤長334.3m、面積4.99km2)。三笠(みかさ)市・岩見沢(いわみざわ)市などの上水道源や灌漑(かんがい)・発電に利用される。芦別(あしべつ)川の芦別ダムの水を地下導水路で導水する。湖畔(こはん)は紅葉の名所で、アンモナイトなどの化石出土で知られ、桂沢温泉がある。富良野(ふらの)芦別道立自然公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桂沢湖
かつらざわこ

北海道中西部、三笠(みかさ)市を流れる幾春別(いくしゅんべつ)川上流につくられた人造湖。桂沢ダムは北海道総合開発第一次五か年計画に基づき、1957年(昭和32)完成された最初の多目的ダムである。貯水量9270万立方メートルで、出力2万キロワットの発電所、下流域の農業用水、三笠、岩見沢、美唄(びばい)3市の上水道水などに利用される。周辺は富良野芦別(ふらのあしべつ)道立自然公園に含まれ、キャンプ場があり、ボート遊びなど地域住民に親しまれている。[柏村一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂沢湖の関連キーワード金山湖石狩石狩港石狩国北海道石狩郡北海道石狩〈振興局〉北海道樺戸郡月形町石狩川沿岸北海道石狩郡当別町対雁北海道石狩郡当別町対雁通北海道石狩市弁天町

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桂沢湖の関連情報