コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三笠市 みかさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三笠〔市〕
みかさ

北海道中央部,夕張山地の北西麓にある市。 1957年市制。石狩炭田発祥の地で,1879年幌内炭鉱が道内最初の炭鉱として開かれた。その後幾春別 (いくしゅんべつ) ,奔別 (ぽんべつ) ,唐松 (とうまつ) ,弥生などの炭鉱開発に伴って集落が発達。市制施行時には人口6万を数えたが,1971年奔別炭鉱の閉山後,石炭不況による閉山が相次ぎ,人口が急減。 1970年代より工場誘致をはかり,電気器具,建材,家具などの工業が発達。河谷では,米作のほかタマネギ,キュウリ,メロンなどの栽培が行われる。 1957年多目的ダムの建設によって生れた桂沢湖は,富良野芦別道立自然公園の景勝地。桂沢周辺は,アンモナイトの埋蔵地,肉食恐竜のエゾミカサリュウの化石 (天然記念物) 出土地として有名。国道 12号線,452号線が通り,道央自動車道インターチェンジがある。面積 302.52km2。人口 9076(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みかさ‐し【三笠市】

三笠

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

三笠市の関連キーワード北海道三笠市幾春別栗丘町北海道三笠市幾春別川向町北海道三笠市奔別鳥居沢町北海道三笠市幾春別千住町北海道三笠市幾春別中島町北海道三笠市幌内奔幌内町北海道三笠市幾春別山手町北海道三笠市奔別中の沢町北海道三笠市幾春別滝見町北海道三笠市唐松千代田町北海道三笠市弥生桃山町北海道三笠市唐松常盤町北海道三笠市弥生双葉町北海道三笠市弥生花園町北海道三笠市弥生並木町北海道三笠市幌内本沢町北海道三笠市弥生藤枝町北海道三笠市幌内春日町北海道三笠市幌内住吉町北海道三笠市幌内中央町

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三笠市の関連情報