コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜川市 さくらがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜川〔市〕
さくらがわ

茨城県中西部,桜川の流域にある市。東部に筑波山加波山など筑波山地の山々が連なり,北で栃木県に接する。 2005年岩瀬町,真壁町,大和村が合体して市制。桜川流域に水田が開け,米作が盛ん。野菜やスイカの栽培も行なわれる。山地から採掘される花崗岩は石材として移出されるほか,石灯籠,墓石などに加工される。北部の小山寺 (富谷観音) は天平7 (735) 年建立の古刹で,三重塔は国の重要文化財に指定。月山寺,楽法寺は国や県の文化財を多く所蔵する。謡曲『桜川』で知られる桜川は国の名勝,堤防に沿う磯部のサクラは国の天然記念物に指定。新治廃寺跡真壁城跡は国指定史跡。市域の一部は水郷筑波国定公園および吾国愛宕県立自然公園に属する。 JR水戸線,国道 50号線が市の北部に通じる。面積 180.06km2。人口 4万2632(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さくらがわ‐し〔さくらがは‐〕【桜川市】

桜川

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

桜川市の関連キーワード茨城県桜川市真壁町大塚新田茨城県桜川市真壁町上谷貝茨城県桜川市真壁町源法寺茨城県桜川市真壁町下谷貝茨城県桜川市真壁町下小幡茨城県桜川市上野原地新田茨城県桜川市真壁町上小幡茨城県桜川市真壁町東山田茨城県桜川市真壁町伊佐々茨城県桜川市真壁町東矢貝茨城県桜川市真壁町桜井茨城県桜川市真壁町飯塚茨城県桜川市真壁町亀熊茨城県桜川市真壁町酒寄茨城県桜川市真壁町羽鳥茨城県桜川市真壁町長岡茨城県桜川市真壁町椎尾茨城県桜川市真壁町原方茨城県桜川市真壁町古城茨城県桜川市真壁町白井

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桜川市の関連情報