コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桶狭間の戦 おけはざまのたたかい

2件 の用語解説(桶狭間の戦の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

桶狭間の戦【おけはざまのたたかい】

1560年今川義元織田信長との尾張(おわり)桶狭間(愛知県名古屋市緑区・豊明市など)における合戦。義元は駿河・遠江・三河3国の大軍を率いて上洛のため西進し,信長方の前衛拠点を次々と攻略し,桶狭間(詳しくは北方1.5kmの田楽(でんがく)狭間)に進出したところを,信長が風雨をついて奇襲し義元を討ち大勝。
→関連項目今川氏今川義元岡崎城三河国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おけはざまのたたかい【桶狭間の戦】

1560年(永禄3)5月19日,織田信長今川義元を尾張国桶狭間村(現,名古屋市緑区有松町)・大脇村(豊明市)一帯の起伏の激しい丘陵地帯で迂回奇襲し敗死させた戦い。今川氏は門地・実力・地理的条件からみて上洛して将軍を補佐しうる最大の戦国大名であり,三河も掌握し1554年(天文23)武田・後北条・今川3氏和解の体制をつくり,58年ころから尾張侵入をはかり品野・笠原・鳴海・大高城を前線拠点とした。一方,信長は59年に岩倉城を攻略し,ほぼ尾張一円の支配をなしとげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の桶狭間の戦の言及

【徳川家康】より

…60年大兵を率いて上洛を図った義元の先鋒として三河に入り,織田勢力の包囲に孤立していた大高城の兵糧入れに成功して初陣をかざった。 翌々日5月20日桶狭間の戦での義元の敗死を機に岡崎に入城して今川氏から自立し,61年織田信長と和睦(1563年1月尾張清須で信長と会見),63年7月名を家康と改めた。直後に譜代の家臣団をも巻きこんだ三河一向一揆が起きたが,翌年の春ごろにはこれを鎮定,結果として三河一国は家康によって統一されることになった。…

※「桶狭間の戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桶狭間の戦の関連キーワード桶狭間の戦い織田信長居館織田勝長織田信勝織田信清織田信敬織田信則織田信安織田信行毛利新介

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桶狭間の戦の関連情報