コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月舘 つきだて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月舘
つきだて

福島県北東部,伊達市南部の旧町域。福島盆地の東部にある。 1928年町制。 1955年小手村と合体。 2006年伊達町,梁川町,保原町,霊山町と合体して伊達市となった。阿武隈川の支流広瀬川中流域を占める。下手渡 (しもてど) はかつて立花藩の小城下町。農林業が主産業で,果実,木材を産し,製材業も盛ん。南端にある女神山 (599m) は福島地方の養蚕発祥地とされ,かつては養蚕,製糸業が盛んであったが,その後シイタケ,ナメコ栽培に比重がおかれた。防虫用の粉炭の生産も行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月舘
つきだて

福島県中通(なかどお)り地方北部、伊達(だて)郡にあった旧町名(月舘町(まち))。現在は伊達市月舘町地区で、市の南部を占める。1928年(昭和3)小手川(おでかわ)村が町制施行して月舘町となり、1955年小手(おで)村を合併。2006年(平成18)伊達、梁川(やながわ)、保原(ほばら)、霊山(りょうぜん)の4町と合併して市制施行、伊達市となった。阿武隈(あぶくま)高地西縁を南北に走る広瀬(ひろせ)川沿いの平地がおもな居住地であり、いくつかの支谷がこれに加わる。かつては養蚕、製糸業が盛んで、とくに羽二重(はぶたえ)工業で知られた。盆地性の地形なので、クワの冷霜害なども多く、農業の生産性は低い。このため、メンヨウ飼育やナメコ、シイタケの栽培などに経営を多角化している。特産品に葉わさびがある。さらに電気機器工場を誘致した。国道349号、399号が主要交通路である。[渡辺四郎]
『『月舘町史』全4巻(2002~2008・月舘町、伊達市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

月舘の関連キーワード伊達(市)(福島県)霊山(旧町名)福島県伊達市伊達[市]掛田

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月舘の関連情報