コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月舘 つきだて

2件 の用語解説(月舘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月舘
つきだて

福島県北東部,伊達市南部の旧町域。福島盆地の東部にある。 1928年町制。 1955年小手村と合体。 2006年伊達町,梁川町,保原町,霊山町と合体して伊達市となった。阿武隈川の支流広瀬川中流域を占める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月舘
つきだて

福島県中通(なかどお)り地方北部、伊達(だて)郡にあった旧町名(月舘町(まち))。現在は伊達市月舘町地区で、市の南部を占める。1928年(昭和3)小手川(おでかわ)村が町制施行して月舘町となり、1955年小手(おで)村を合併。2006年(平成18)伊達、梁川(やながわ)、保原(ほばら)、霊山(りょうぜん)の4町と合併して市制施行、伊達市となった。阿武隈(あぶくま)高地西縁を南北に走る広瀬(ひろせ)川沿いの平地がおもな居住地であり、いくつかの支谷がこれに加わる。かつては養蚕、製糸業が盛んで、とくに羽二重(はぶたえ)工業で知られた。盆地性の地形なので、クワの冷霜害なども多く、農業の生産性は低い。このため、メンヨウ飼育やナメコ、シイタケの栽培などに経営を多角化している。特産品に葉わさびがある。さらに電気機器工場を誘致した。国道349号、399号が主要交通路である。[渡辺四郎]
『『月舘町史』全4巻(2002~2008・月舘町、伊達市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月舘の関連キーワード福島県伊達市片町福島県伊達市沢田伊達〈町〉福島県伊達市田町福島県伊達市鶴田福島県伊達市根岸福島県伊達市広前保原〈町〉福島県伊達市南堀梁川〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月舘の関連情報