コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅若玄祥(2代) うめわか げんしょう

1件 の用語解説(梅若玄祥(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅若玄祥(2代) うめわか-げんしょう

1948- 昭和後期-平成時代の能楽師シテ方。
昭和23年2月16日生まれ。梅若家55代梅若六郎の次男。観世流。昭和26年初舞台,29年「猩々(しょうじょう)」でシテをつとめる。54年梅若六郎家をつぎ,63年梅若家56代梅若六郎を襲名。芸術祭優秀賞,読売演劇大賞などをうけ,平成11年芸術院賞。19年芸術院会員。20年2代梅若玄祥を名のる。26年人間国宝。東京都出身。暁星学園高卒。本名は善政。前名は梅若紀彰(としてる)など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梅若玄祥(2代)の関連キーワード北朝鮮戦争文学イタリア映画韓国済州島事件中東戦争B型肝炎訴訟と基本合意ベネシュオリンピックゲオルギウ・デジ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone