コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅若玄祥(2代) うめわか げんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅若玄祥(2代) うめわか-げんしょう

1948- 昭和後期-平成時代の能楽師シテ方。
昭和23年2月16日生まれ。梅若家55代梅若六郎の次男。観世流。昭和26年初舞台,29年「猩々(しょうじょう)」でシテをつとめる。54年梅若六郎家をつぎ,63年梅若家56代梅若六郎を襲名。芸術祭優秀賞,読売演劇大賞などをうけ,平成11年芸術院賞。19年芸術院会員。20年2代梅若玄祥を名のる。26年人間国宝。東京都出身。暁星学園高卒。本名は善政。前名は梅若紀彰(としてる)など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梅若玄祥(2代)の関連キーワード新藤兼人木下恵介エレクトロニクス史(年表)民主自由党[日本]市川崑北朝鮮斎藤寅次郎戦争文学ヒューストン(John Huston)ベルイマン(Ingmar Bergman)