コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棒受網漁業 ぼううけあみぎょぎょう stick held dipnet fishery

1件 の用語解説(棒受網漁業の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼううけあみぎょぎょう【棒受網漁業 stick held dipnet fishery】

敷網漁業の一種。方形あるいは台形の網の1辺に向竹(むこうだけ)と呼ばれる竹をつけて水面に支え,反対側にはいわ(沈子)綱をつけて沈めておく。網全体を向竹の両端に直角にとりつけた2本の張出しざおで支え,網の両わきは適当な間隔で鉄輪をつけて矢綱を通し,いわ綱には8本ほどの引綱をつけ,船内に保持しておく。撒餌(まきえ)をしたり,夜間集魚灯をつけたりして,網の上に対象魚群を誘導し,ころあいをみて,両わきの矢綱を締め,同時に引綱をあげて,網の四方をすべて水上に出し,魚群を包囲する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

棒受網漁業の関連キーワード敷網棒受網機船底引網漁業網漁業以西底引き網漁業底刺網底敷網底びき網漁業まき網漁業楠崎吉蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

棒受網漁業の関連情報