コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棒受網漁業 ぼううけあみぎょぎょうstick held dipnet fishery

世界大百科事典 第2版の解説

ぼううけあみぎょぎょう【棒受網漁業 stick held dipnet fishery】

敷網漁業の一種。方形あるいは台形の網の1辺に向竹(むこうだけ)と呼ばれる竹をつけて水面に支え,反対側にはいわ(沈子)綱をつけて沈めておく。網全体を向竹の両端に直角にとりつけた2本の張出しざおで支え,網の両わきは適当な間隔で鉄輪をつけて矢綱を通し,いわ綱には8本ほどの引綱をつけ,船内に保持しておく。撒餌(まきえ)をしたり,夜間集魚灯をつけたりして,網の上に対象魚群を誘導し,ころあいをみて,両わきの矢綱を締め,同時に引綱をあげて,網の四方をすべて水上に出し,魚群を包囲する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

棒受網漁業の関連キーワードフィッシュポンプ沖合漁業棒受網

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

棒受網漁業の関連情報