コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敷網漁業 しきあみぎょぎょう lift net fishery

1件 の用語解説(敷網漁業の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しきあみぎょぎょう【敷網漁業 lift net fishery】

水中に敷設しておいた網の上に,対象生物が自然に集まるのを待ち,あるいは餌,光などで集め,すばやく網をあげて漁獲する漁業。もともとすくい網から発達した漁業で,原理は単純だが網が大きくなるに従って,水中に網を敷設しておくときの網の支え方,漁獲時の網のあげ方が大規模になってゆく。網全体を水中に沈めておく底敷網と網の一部はあば(浮子)などで水面に保たれ,残りの部分を水面下に沈めておく浮敷網とがある。網の形も円形,箕(み)状,方形などさまざまだが,大規模なものは方形あるいは台形が普通である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

敷網漁業の関連キーワード浮き叉手網茅負地獄網じゃぼん橋板軌道線鉄道線八田網増殖事業

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone