コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敷網漁業 しきあみぎょぎょうlift net fishery

世界大百科事典 第2版の解説

しきあみぎょぎょう【敷網漁業 lift net fishery】

水中に敷設しておいた網の上に,対象生物が自然に集まるのを待ち,あるいは餌,光などで集め,すばやく網をあげて漁獲する漁業。もともとすくい網から発達した漁業で,原理は単純だが網が大きくなるに従って,水中に網を敷設しておくときの網の支え方,漁獲時の網のあげ方が大規模になってゆく。網全体を水中に沈めておく底敷網と網の一部はあば(浮子)などで水面に保たれ,残りの部分を水面下に沈めておく浮敷網とがある。網の形も円形,箕(み)状,方形などさまざまだが,大規模なものは方形あるいは台形が普通である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

敷網漁業の関連キーワード大島(和歌山県)棒受網漁業速水熊太郎佐喜浜黒潮町追込網大方佐賀

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android