コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森コンツェルン もりコンツェルン

5件 の用語解説(森コンツェルンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森コンツェルン
もりコンツェルン

森矗昶 (のぶてる) が日中戦争にいたる過程で形成した新興化学コンツェルン。その主力会社の事業が電力を基底として出発しているところに特徴がある。 1917年森は東信電気を設立したが,大正から昭和初期にかけては電力の余剰時代であり,その打開策として化学工業に乗出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

森コンツェルン【もりコンツェルン】

森矗昶(のぶてる)が築いた化学工業中心の新興コンツェルンの一つ。森は1926年日本沃度(ヨード)(のち日本電工),1928年味の素鈴木三郎助と昭和肥料を設立し,アルミニウム,硫安の生産で成功。
→関連項目日本冶金工業[株]安田財閥

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

もりコンツェルン【森コンツェルン】

森矗昶(のぶてる)(1884‐1941)の事業を中心に形成されたコンツェルンで,日産,日窒,日曹,理研とともにいわゆる新興財閥の一翼を形成した。千葉県出身で,少年時代から家業のヨード製造に携わっていた矗昶は,〈味の素〉の鈴木三郎助と提携して1908年に総房水産,17年に東信電気を設立して事業家としてのスタートを切った。事業は反動恐慌の過程で一時挫折したが,彼は輸入品との対抗,国産技術の振興という強烈な経営ナショナリズムと電気の原料化という一貫した経営戦略および果敢な実行力を武器に,26年にはみずからが中心となって日本沃度,28年には味の素の鈴木や東京電灯との共同出資で昭和肥料を設立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

もりコンツェルン【森コンツェルン】

大正・昭和期、森矗昶のぶてるによって興された、昭和電工株式会社を中核とする電気化学工業中心の新興財閥。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森コンツェルン
もりこんつぇるん

昭和初年に台頭した新興財閥の一つ。森矗昶(のぶてる)が「味の素(もと)」の鈴木三郎助の援助を受けて、1926年(大正15)日本沃度(ようど)(1934年日本電気工業と改称)、1928年(昭和3)昭和肥料の二社を設立したのが発端。前者で日本最初のアルミニウム国産化、また後者で国産技術・設備を使用しての合成アンモニア生産に成功する。以後、両社を中心に拡大戦略を展開し、1937年ごろまでに持株会社森興業の傘下に20社、その払込資本金総額1億4199万円の電気化学、冶金(やきん)工業中心の企業集団を形成した。だが資金力が弱く、戦時体制の進展のなかで原料部門の東信電気、昭和鉱業などの経営権を放棄し、コンツェルンとしての実体を喪失した。今日、同コンツェルン系企業として現存している会社に、1939年に日本電気工業と昭和肥料の合併によって誕生した昭和電工や日本冶金工業がある。[宇田川勝]
『『昭和電工五十年史』(1977・昭和電工) ▽麻島昭一・大塩武著『昭和電工成立史の研究』(1997・日本経済評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の森コンツェルンの言及

【新興財閥】より

…日本経済史上初めての大々的な重化学工業化が展開した1930年代に,主として新興の重化学工業を事業基盤にして簇生(そうせい)した企業集団。日産コンツェルン日窒コンツェルン森コンツェルン日曹コンツェルン理研コンツェルンに与えられた名称で,新興コンツェルンとも称される(〈企業グループ〉の項参照)。三井,三菱,住友をはじめとする既成の財閥が株式,社債等による外部資金の調達に消極的であったのに対して,外部資金の調達に積極的であった点が新興財閥に認められる特徴である。…

※「森コンツェルン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

森コンツェルンの関連キーワード池田信輝森矗昶昭和電工[株]安西正夫内藤信照内藤信輝松平信輝森清森暁森英介

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone