コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中曾根康弘内閣 なかそねやすひろないかく

百科事典マイペディアの解説

中曾根康弘内閣【なかそねやすひろないかく】

(1)第1次。1982年11月27日〜1983年12月27日。自由民主党単独内閣。中曾根康弘田中角栄元首相の後押しで政権の座についたため,〈田中曾根内閣〉と評された。1983年1月中曾根首相が訪韓,全斗煥大統領と会談して教科書問題に決着をつけ,〈日韓新時代〉を表明,同月の施政方針演説で〈戦後史の転換点〉を強調。ロッキード事件の裁判で田中元首相に実刑判決が出た12月の総選挙で自民党は大敗。(2)第2次。1983年12月27日〜1986年7月22日。総選挙に大敗したため,第2次中曾根内閣は新自由クラブと連立。1984年1月中曾根首相は戦後首相として初めて靖国神社に新春参拝,党大会で〈戦後政治の総決算〉を表明。1985年7月中曾根首相は党のセミナーで,防衛費のGNP(国民総生産)1%枠撤廃の意見を表明。8月15日首相以下全閣僚が靖国神社に公式参拝,中国要人が相次いで懸念を表明。1986年4月首相の私的諮問機関〈経構研〉が〈前川レポート〉を提出。5月民活法制定。東京サミット開催。7月衆参同日選挙で自民党大勝。(3)第3次。1986年7月22日〜1987年11月6日。自民党単独内閣。8月新自由クラブ解党(1名を除き自民党に復党)。9月藤尾文相が雑誌に韓国併合を合理化する意見を発表,韓国などの抗議により罷免される。同月自民党大会で中曾根総裁の任期延長(1年)が決まる。同月中曾根首相は〈アメリカには黒人などがいて知識水準が低い〉と発言,批判をうけ陳謝。12月閣議で防衛費のGNP1%枠撤廃を決定。1987年1月売上税導入に対し反対運動が広がる。4月国鉄が分割民営化され,JR6社等が発足。同月売上税案を撤回。7月自民党竹下派が〈経世会〉を結成(国会議員113名の自民党最大派閥となる)。10月中曾根首相が党の次期総裁に竹下登を指名,党大会で正式決定。11月中曾根内閣総辞職。
→関連項目森喜朗連立政権

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android