コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森川馬谷 もりかわ ばこく

3件 の用語解説(森川馬谷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森川馬谷 もりかわ-ばこく

1714-1791 江戸時代中期の講釈師。
正徳(しょうとく)4年生まれ。馬場文耕の門人。読み物を初・中・後の3段にわけ,軍談,お家騒動,世話物ジャンルをさだめる。前座のシステム,看板やビラの書き方なども創案し,興行形態に新発展をもたらした。名跡は門人の馬童がつぎ,4代までつづいた。寛政3年2月8日死去。78歳。江戸出身。通称は伝吉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

もりかわばこく【森川馬谷】

1714‐91(正徳4‐寛政3)
江戸後期の講談師。俗名,彦左衛門とも伝吉ともいわれている。はじめ馬場文耕の門にあったが,のち独立して一派をたてる。天明期から読物を,初,中,後の3段に分け,軍書物,お家騒動物,世話物のジャンル別を確立した。前席(ぜんせき)をひとり使って前座とするシステムも彼の考案とされている。《大岡政談》《伊達評定》などをよくしたが,酒色に耽溺,大言壮語の癖もあり〈講釈師見てきたような噓をつき〉の川柳は,この馬谷以来のものといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森川馬谷
もりかわばこく
(1714―1791)

江戸中期の講釈師。初代。本名伝吉。父は江戸の町医森川玄昌。馬場文耕(ぶんこう)に入門。読み物を初・中・後の3段に分け、軍談、御家騒動、世話物などに区別した。また、前座を1人使い、看板やびらの書き方にもくふうを凝らすなど、講談の興行形態の確立に多大の功績があった。学問はあったが、ずぼらで休席が多いため客足が落ち、ついには自ら看板の下に「づるけなし」と張り出し、これがあだ名となった。なお、馬谷の名は4代まであり、2代(生没年未詳)は初代門人馬童が継ぐ。彼は修羅場(ひらば)の上手で、門弟より東流斎馬琴(とうりゅうさいばきん)が出た。3代(生没年未詳)は2代の実子で通称辰造。4代(1826―88)は東流斎馬琴の門人琴梅(きんばい)が継ぐ。[延広真治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の森川馬谷の言及

【講談】より

…当初の大道での辻講釈ではなく,講釈場における話芸としての講釈の完成とともに幾多の名人が出現した。森川馬谷(ばこく)は読み物を初・中・後の3席に分け,修羅場(軍談),評定物(お家騒動物),世話物と区別し,前座を使った。これが,のちの前座・中座読(なかざよみ)・後座読(ござよみ)(真打ち)の順位の基となった。…

※「森川馬谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

森川馬谷の関連キーワード曽道怡高松季眠諦浄船橋則賢沢宣維正徳金銀山村座海老池正徳鍋島元延柚木知雄

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone