コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森律子 もり りつこ

4件 の用語解説(森律子の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

森律子

帝劇女優。弁護士森肇の娘。跡見女学校卒。帝劇女優第一期生として舞台に立つ。舞台開きの「頼朝」の浦代姫が初舞台。喜劇女優として人気を得たが晩年は寂しいものがあった。「清姫」「お染」などが当り役。昭和36年(1961)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森律子 もり-りつこ

1890-1961 明治-昭和時代の舞台女優。
明治23年10月30日生まれ。川上貞奴(さだやっこ)の帝国女優養成所にはいり,明治44年帝劇女優1期生として初舞台をふむ。益田太郎冠者(たろうかじゃ)作の女優劇ではめだって活躍,のち新派に出演した。昭和31年女舞の名跡(みょうせき),桐大内蔵(きり-おおくら)4代をつぐ。昭和36年7月22日死去。70歳。東京出身。跡見女学校卒。著作に「女優生活廿年」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

もりりつこ【森律子】

1890‐1961(明治23‐昭和36)
近代日本の女優。弁護士森肇の娘で東京生れ。跡見女学校卒業後,1908年帝国劇場女優養成所に1期生として入所。11年帝国劇場開場時の山崎紫紅作《頼朝》の浦代姫で初舞台を飾った。13年に渡欧してロンドン,パリの演劇事情に触れ,帰国後は帝劇の近代喜劇で活躍した。のちに新派劇にも出演し,34年井上正夫井上演劇道場にも参加している。帝劇女優群のスターで,女優が蔑視される風潮に抗した近代女性の一人である。失明した新派女優の森赫子(かくこ)は養女である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森律子
もりりつこ

[生]1890. 東京
[没]1961.7.22. 東京,府中
女優。代議士の森肇の次女として生れ,跡見女学校卒業。 1908年,開所した川上貞奴の女優養成所に入り,11年3月帝国劇場の初興行『頼朝』の浦代姫でデビュー,帝劇女優劇のスターとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森律子の関連キーワード弁護士法顧問弁護士懲戒請求7人の女弁護士七人の女弁護士〈2〉7人の女弁護士〈2〉七人の女弁護士〈3〉女性弁護士の誕生宮川光治《近代日本の作家と作品》

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森律子の関連情報