コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森律子 もり りつこ

美術人名辞典の解説

森律子

帝劇女優。弁護士森肇の娘。跡見女学校卒。帝劇女優第一期生として舞台に立つ。舞台開きの「頼朝」の浦代姫が初舞台。喜劇女優として人気を得たが晩年は寂しいものがあった。「清姫」「お染」などが当り役。昭和36年(1961)歿、70才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森律子 もり-りつこ

1890-1961 明治-昭和時代の舞台女優。
明治23年10月30日生まれ。川上貞奴(さだやっこ)の帝国女優養成所にはいり,明治44年帝劇女優1期生として初舞台をふむ。益田太郎冠者(たろうかじゃ)作の女優劇ではめだって活躍,のち新派に出演した。昭和31年女舞の名跡(みょうせき),桐大内蔵(きり-おおくら)4代をつぐ。昭和36年7月22日死去。70歳。東京出身。跡見女学校卒。著作に「女優生活廿年」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もりりつこ【森律子】

1890‐1961(明治23‐昭和36)
近代日本の女優。弁護士森肇の娘で東京生れ。跡見女学校卒業後,1908年帝国劇場女優養成所に1期生として入所。11年帝国劇場開場時の山崎紫紅作《頼朝》の浦代姫で初舞台を飾った。13年に渡欧してロンドン,パリの演劇事情に触れ,帰国後は帝劇の近代喜劇で活躍した。のちに新派劇にも出演し,34年井上正夫の井上演劇道場にも参加している。帝劇女優群のスターで,女優が蔑視される風潮に抗した近代女性の一人である。失明した新派女優の森赫子(かくこ)は養女である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森律子
もりりつこ

[生]1890. 東京
[没]1961.7.22. 東京,府中
女優。代議士の森肇の次女として生れ,跡見女学校卒業。 1908年,開所した川上貞奴の女優養成所に入り,11年3月帝国劇場の初興行『頼朝』の浦代姫でデビュー,帝劇女優劇のスターとなった。 35年帝劇が改組となり専属劇団を解散してから新派に出演していたが,44年東京劇場を最後に劇界から遠ざかった。 56年4月小田原文化財の桐家名跡再興のため4代目桐大内蔵を襲名。著書に『女優生活二十年』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

森律子の関連キーワード益田 太郎村田嘉久子加藤 雛子森 赫子森 肇

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android