コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森田芳光 もりたよしみつ

5件 の用語解説(森田芳光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森田芳光
もりたよしみつ

[生]1950.1.25. 東京
[没]2011.12.20. 東京
映画監督,脚本家。日本大学芸術学部在学中に自主映画を制作し,1981年に『の・ようなもの』で商業映画監督デビュー。『家族ゲーム』(1983)の意表をついた演出で注目を集め,1985年の『それから』は新世代の監督で初のキネマ旬報ベストテンの第1位など,数々の映画賞を獲得した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

森田芳光

映画監督、脚本家。1950年1月25日東京生まれ。
日本大学芸術学部出身。78年に8ミリフィルムで自主制作した「ライブイン茅ヶ崎」で第2回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)に入賞して注目を浴びた。81年、若手落語家を主人公にした「の・ようなもの」で本格的に監督としてデビュー。
松田優作が個性的な家庭教師を演じ、家族が食卓に1列に並ぶショットが話題となった「家族ゲーム」(83年)は、シニカルホームドラマとして高く評価され、キネマ旬報ベストワン、ブルーリボン賞監督賞など国内の多数の賞を受けた。
85年にも、松田優作主演で、夏目漱石『それから』を映画化。キネマ旬報ベストワンなどの多くの賞を受けた。
芸術的作品を発表する一方で、「シブがき隊 ボーイズ&ガールズ」(82年)や薬師丸ひろ子主演の角川映画「メイン・テーマ」(84年)、とんねるず主演の「そろばんずく」(86年)など、アイドル映画などでも手腕を発揮し、日本を代表する監督の一人となった。
97年には、中年の男女の不倫を描いた「失楽園」が大ヒット。題名は流行語になり、一種の社会現象も引き起こした。その後も、女性精神医を描いた法廷サスペンス、「39 刑法第三十九条」(99年)、中居正広主演のミステリー「模倣犯」(2002年)、伊東美咲主演の恋愛ドラマ「海猫」(04年)、黒澤明監督作品をリメイクした「椿三十郎」(07年)など多くの作品を発表したが、松山ケンイチと瑛太主演の「僕達急行 A列車で行こう」(12年春公開予定)が最後の監督作品となった。
11年12月20日、61歳の若さで急性肝不全のため東京都内の病院で死去した。「黒澤監督がシンザンなら僕はシンボリルドルフになりたい」と話すほどの競馬好きで知られ、12月24日の葬儀では、棺に有馬記念の馬券が収められた。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もりた‐よしみつ【森田芳光】

[1950~2011]映画監督。東京の生まれ。「の・ようなもの」を監督し、劇場映画デビュー。コメディータッチのホームドラマ、恋愛もの、サスペンスなど幅広い分野の作品を手がける。代表作「家族ゲーム」「それから」「キッチン」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

森田芳光【もりたよしみつ】

映画監督,脚本家。東京都渋谷区生まれる。日本大学芸術学部卒業。高校時代にデビット・リーンドクトル・ジバゴ》を観たことで,映画にめざめたといわれる。1981年,《の・ようなもの》で監督デビュー。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森田芳光 もりた-よしみつ

1950-2011 昭和後期-平成時代の映画監督。
昭和25年1月25日生まれ。8ミリ映画で活躍後,昭和56年劇場用作品「の・ようなもの」で注目される。58年「家族ゲーム」を発表,各種の映画賞を受賞。「ときめきに死す」「それから」などであたらしいスタイルに挑戦。脚本に「ウホッホ探検隊」などがある。平成16年「阿修羅のごとく」で日本アカデミー賞最優秀監督賞・優秀作品賞。平成23年12月20日死去。61歳。東京出身。日大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

森田芳光の関連キーワード宣誓阿見201久仁明心憎い粕屋(町)周遊券ポエニ戦争大下 弘冤罪現代資本主義

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森田芳光の関連情報