コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植民地法(読み)しょくみんちほう

世界大百科事典 第2版の解説

しょくみんちほう【植民地法】

植民地において施行される法。植民地法は,植民地の形態に応じて,本国の主権が及ぶ属領では本国法,保護国では保護条約と被保護国の法令,委任統治国では国際連盟規約など,まったく異なった法律形式をとる。 戦前の日本に例をとれば,(1)属領としての日清戦争後の台湾,日露戦争後の樺太や朝鮮,それに南方軍政地域(甲地区――フィリピン,マラヤ,ジャワ,スマトラ),(2)租借地としての日露戦争後の旅順,大連,(3)委任統治としての第1次大戦後の旧ドイツ領南洋群島,(4)保護国としての十五年戦争開始以降の満州国汪兆銘政権,南方軍政地域(乙地区――タイ,フランス領インドシナ)などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android