コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椎尾弁匡 しいおべんきょう

3件 の用語解説(椎尾弁匡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

椎尾弁匡
しいおべんきょう

[生]1876.7.6. 名古屋
[没]1971.4.7.
浄土宗の僧,大正大学学長 (1936,52の2期) ,増上寺法主。インド仏教の研究に卓越した見識を示し,さらに個人レベルにとどまった解脱でなく,社会的な解脱を目指す共生運動を創始した。主著『仏教経典概説』,ほかに『椎尾弁匡選集』 (10巻) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

椎尾弁匡 しいお-べんきょう

1876-1971 明治-昭和時代の仏教学者。
明治9年7月6日生まれ。浄土宗の僧。宗教大(現大正大)教授などをへて,大正2年東海中学校長。仏教を社会生活にいかす共生(ともいき)運動をおこす。昭和3年衆議院議員(当選3回)。のち大正大学長,増上寺法主(ほっす)をつとめた。昭和46年4月7日死去。94歳。愛知県出身。東京帝大卒。字(あざな)は節堂。号は順蓮社性誉随阿。著作に「共生講壇」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

椎尾弁匡
しいおべんきょう
(1876―1971)

大正・昭和期の僧。近代仏教界の代表的推進者。浄土宗大本山増上寺(ぞうじょうじ)82世。愛知県の人。真宗高田派円福寺の椎尾順位の五男として生まれる。1905年(明治38)東京帝国大学哲学科宗教学を卒業、15年文学博士。姉崎正治(あねさきまさはる)の高弟として知られ、阿含(あごん)経典の比較研究から大乗経典の成立と思想を明らかにし、近代仏教学を大成した。一方、宗教は単なる個人解脱(げだつ)ではなく、社会的に解脱し、真の共生を全うすべきことを主張して社会運動「共生(ともいき)」を提唱し、展開した。その間、各層から多くの共鳴者を得て社会に多大な影響を与えた。この運動推進のため、1928年(昭和3)普通選挙第1回に衆議院議員に当選、以来3選を果たした。また大正大学学長を3期務めた。晩年、盲目となったが、それでも仏教普及と伝道に率先していたことは高い評価を得ている。[石上善應]
『『椎尾弁匡選集』全10巻(1971~73・同書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

椎尾弁匡の関連キーワード原始仏教根本仏教望月信亨大屋徳城加地哲定金山穆韶小西存祐塚本善隆羽渓了諦堀至徳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone