コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たてshield

翻訳|shield

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


たて
shield

武器の一種。敵の矢や槍あるいは猛獣の攻撃から身を守るための防具。西洋では古くはエジプトの古王朝時代からあり,以後ギリシア・ローマ時代,中世,ルネサンスの各時代に用いられた。 14世紀頃までは実用的に用いられたが,以後は次第に装飾化した。その形や大きさはそれぞれの時代と地域によって異なる。中国のものは戦国時代,漢代の資料が実物や画像石などで知られる。日本で古墳から出土するものは器面に塗った漆が残存しており,おそらく革製であったと推測される。その他埴輪や石製模造品にもみられる。鉄製のものとしては,天理市石上 (いそのかみ) 神宮に伝わる2枚の置楯が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【甲冑】より

…騎乗の安定と騎射への適応を図るため,挂甲のゆるぎ札から,小札は各段横綴じして板状に漆で塗り固めて小札板とし,伸縮性を有するよう縦取り(縅)(おどし)から縄目威となり,裾は前後左右四間の草摺に分けられた。また,冠板などの金具廻りによって防御性を高め,両肩の肩鎧は幅広の楯状に変化し,大袖となった。左手に持たれていた手楯は小型化して鳩尾(きゆうび)板となり,栴檀(せんだん)板とともに胸部と高紐(たかひも)の空隙を防御する装置となった。…

【盾】より

…相手の攻撃から身を守る防御具。楯とも書く。主として地上に置いて用いる大型の置盾と,手に持って使う小型の持盾とがある。…

※「楯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

楯の関連キーワード楯状火山(じゅんじょうかざん)楯状火山(たてじょうかざん)武装と武具[古代ギリシア]武装と武具[古代ローマ]楯状地(じゅんじょうち)栃木県日光市鬼怒川温泉滝楯状地(たてじょうち)青森県五所川原市飯詰ローレンシア楯状地垣楯・掻楯・搔楯シールドファーンアンガラ楯状地アスピコニーデイスカッション稲田貫之丞木楯・小楯アスピーテ藤原千尋藤原八束曾我惟重

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楯の関連情報