コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

概念形成 がいねんけいせい concept formation

2件 の用語解説(概念形成の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

概念形成
がいねんけいせい
concept formation

経験を通じて新しい概念をつくり上げる過程。大きく分けて,日常的な概念を児童が発達的に形成する過程の観察と,実験場面で人工的な概念を短期間に学習する過程の観察の2つの方法により研究が行われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

概念形成
がいねんけいせい
concept formation

児童から成人に至る発達を通じて、概念を獲得する過程を意味する。概念は個々の経験から一般的な区分や規則が成立した結果生じるが、そこには種々の段階が認められる。(1)個々の具体的な事物について、外的に現れた特徴を基にして共通の名前のもとに一括する。この特徴はかならずしも1種類ではなく、事態に応じて、さまざまな特徴が選択される。たとえば、事物の彩りの間で赤とか緑とかの概念が、また有色と無色との間で色という概念が形成される場合である。(2)直接、外的に現れない事物の関係や成分を抽出し、共通の名前のもとに一括する。現れた面で異なっている事物の間に数という概念を形成したり、論理的な脈絡をつけたりする場合である。
 (1)(2)はそれぞれ単純な場合から複雑な場合、下位からこれを包括する上位の場合が認められる。共通な名前のもとに一括するという点で、言語は概念形成にとって重要な役割をもっている。しかし言語をもたない動物にも、概念形成といえる事実が認められる。たとえば、ハトに、特定の人の像が写っている写真を、写っていない写真から区別する訓練をすると、姿、位置、大きさの違う他の人の像についても、それの有無を写真のなかで区別することが確かめられているし、簡単な数の大小を区別することも知られている。[小川 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

概念形成の関連キーワード括り上げる事新しい噦り上げるせぐり上げる造語作り上げる放り上げる捲り上げる競上げる練上げる

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

概念形成の関連情報