標準比視感度(読み)ひょうじゅんひしかんど(英語表記)standard relative luminous efficiency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「標準比視感度」の解説

標準比視感度
ひょうじゅんひしかんど
standard relative luminous efficiency

基準比視感度ともいう。視感度は光の波長により異なり,また個人差があるので,正常な視覚をもつ多数の観測者に対する波長ごとの視感テストの結果から平均の視感度を求め,これを標準視感度とする。標準視感度は可視波長領域のほぼ中央 555nmで最大値 680 lm/W をもち,両端へ近づくほど小さくなる。標準視感度をこの最大値で割った比が標準比視感度であって,10nmおきの値が国際照明委員会 CIEにより設定され,国際的に協約されている。光源光度や光の明るさは標準比視感度を用いて決定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「標準比視感度」の解説

ひょうじゅん‐ひしかんど ヘウジュン‥【標準比視感度】

〘名〙 色の判定や光の明るさ強さを判定するため、国際照明委員会(CIE)が基準として制定した、標準観測者が持つとされている目の分光感度。計算上のもので、個人が肉眼で判定したものではない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「標準比視感度」の解説

ひょうじゅんひしかんど【標準比視感度 relative luminous efficiency】

私たちの目は可視域の光だけに感ずることができる。というより,感ずることのできる光の波長領域を可視域と定義しているというのが正しい。そして可視域内の光でも波長によって感ずる度合が異なり,700nmや400nmの光では相当強いエネルギーでも明るいと感じないし,550nmくらいの光では少しのエネルギーであっても明るいと感ずる。そこで光に対する視感覚の分光感度を考えることになるが,その分光感度を視感度といい,さらにその視感度のピーク値を1に正規化したものを比視感度と呼んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android