コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樽屋おせん たるやおせん

5件 の用語解説(樽屋おせんの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

樽屋おせん
たるやおせん

[生]?
[没]貞享2(1685)
江戸時代前期の人。大坂天満の樽屋の妻。隣家の長左衛門との密通を夫に発見され自殺。『樽屋おせん歌祭文』に歌われ,井原西鶴の『好色五人女』巻二の題材となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たるや‐おせん【樽屋おせん】

江戸前期、大坂天満の樽屋の妻。隣家の長左衛門との不義を夫に知られて自殺。「樽屋おせん歌祭文」に歌われ、井原西鶴の「好色五人女」や浄瑠璃歌舞伎の題材となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樽屋おせん たるや-おせん

江戸時代前期の女性。
姦通(かんつう)事件の主人公。井原西鶴の「好色五人女」第2巻に登場する。大坂天満の樽屋の女房。元の雇い主の妻に雇い主との仲をうたがわれたため意地で姦通におよぶ。おせんは自殺,雇い主も刑死する。実説は不詳。歌祭文(うたざいもん),音曲,戯曲などのモデルとなった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

たるやおせん【樽屋おせん】

不義をして自害した天満の樽屋の女房。1685年の事件という。歌謡や井原西鶴の「好色五人女」に脚色されて広まり、のち浄瑠璃・歌舞伎でも上演。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樽屋おせん
たるやおせん

歌謡、音曲、小説、戯曲などに扱われた姦通(かんつう)事件の人物。実説は未詳だが、歌祭文(うたざいもん)によると、おせんは大坂天満(てんま)の樽屋久兵衛の妻で、夫の留守中、麹屋長右衛門(こうじやちょうえもん)に言い寄られ、子供に匕首(あいくち)を突きつけて迫られたため従おうとしたとき、夫が帰ってきたので言い訳がたたず、自害して果てたという。井原西鶴(さいかく)の『好色五人女』(1686)中の「情(なさけ)を入れし樽屋物語」によると、1685年(貞享2)1月22日の事件で、長右衛門はおせんの主人で、長右衛門の妻から無実の疑いをかけられたため、意地によって姦通に至ったとしてある。半太夫節(はんだゆうぶし)、豊後(ぶんご)節などに扱われたほか、歌舞伎(かぶき)では近松徳叟(とくそう)作の『名作切籠曙(めいさくきりこのあけぼの)』で人名だけを借りて脚色されたぐらいだったが、明治以後は西鶴作品に添って扱われるようになり、真山青果(せいか)、大森痴雪(ちせつ)にそれぞれ『樽屋おせん』という戯曲がある。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樽屋おせんの関連キーワード姦通・姧通けんつう大庭勘助河合翰雪三条勘太郎(初代)竹中通庵檀通三木玄通湯浅瑠璃

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone