中村憲吉(読み)なかむら けんきち

百科事典マイペディアの解説

中村憲吉【なかむらけんきち】

歌人。広島県生れ。東大経済学部卒。伊藤左千夫に師事し,《アララギ》主要同人。1913年浪漫的,感傷的歌風の《馬鈴薯の花》を島木赤彦と共著で刊行,続いて《林泉集》《しがらみ》でしだいに歌風を変え,《軽雷集》以後,独自の東洋的な哀韻をにじませた澄明な歌境を確立した。
→関連項目近藤芳美

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村憲吉 なかむら-けんきち

1889-1934 明治-昭和時代前期の歌人。
明治22年1月25日生まれ。42年から伊藤左千夫に師事し,「アララギ」に参加。一時大阪毎日新聞社記者をつとめたほかは,広島県で家業の酒造業に従事。郷里の自然と人生をうたって写生歌の境地をふかめた。昭和9年5月5日死去。46歳。東京帝大卒。歌集に「林泉集」「しがらみ」など。
【格言など】「拙修」の道を不才の私は踏んで来た(「中村憲吉集」巻末記)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらけんきち【中村憲吉】

1889‐1934(明治22‐昭和9)
歌人。広島県生れ。東大経済科卒。七高(鹿児島)時代友人堀内卓造のすすめで作歌を始め,1908年,新聞《日本》の伊藤左千夫選歌に投稿し,翌年上京入門した。以後《アララギ》の有力新進として活躍。13年島木赤彦との合著《馬鈴薯の花》,ついで16年《林泉集》を出し,繊細で近代的な感覚に特色を見せた。同年帰郷して家業(醸造)に従ったが,21年から5年間《大阪毎日新聞》の経済部記者として勤務。この間《しがらみ》(1924)で沈潜した写生歌風へと一転,《軽雷集》(1931)にかけて澄明で気品の高い独自の歌境を樹立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なかむらけんきち【中村憲吉】

1889~1934) 歌人。広島県生まれ。東大卒。伊藤左千夫に師事、「アララギ」同人。はじめ近代的な官能感覚の調べを示したが、郷里に帰住後、写実的で繊細な歌風を示した。歌集「馬鈴薯の花」(島木赤彦との合著)「林泉集」「しがらみ」「軽雷集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中村憲吉
なかむらけんきち

[生]1889.1.25. 広島,布野
[没]1934.5.5. 尾道
歌人。 1915年東京大学経済科卒業。 09年『アララギ』同人となり伊藤左千夫に師事,島木赤彦との共著『馬鈴薯の花』 (1913) および『林泉集』 (16) で繊細な都会情緒と官能的な雰囲気の歌風を確立したが,その後は次第に人生の実相を見つめつつ寂寥感を漂わせた観照的な歌風に転じた。歌集『しがらみ』 (24) ,『軽雷集』 (31) ,『軽雷集以後』 (34) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村憲吉
なかむらけんきち
(1889―1934)

歌人。広島県生まれ。東京帝国大学経済学科を卒業。伊藤左千夫(さちお)に師事して『アララギ』の創刊とともに同人となる。その初期作品は繊細な感覚の都市風物詠として注目されたが、やがて帰郷し家業の酒造業に従い、一時大阪に出て新聞記者をしたほかは峡村の素封家のあるじとしての生活に終始し、晩年にかけて四囲の自然と人生とを歌って温潤・高雅な独自の歌風を樹立した。歌集『馬鈴薯(ばれいしょ)の花』(1913、島木赤彦との合著)、『林泉(りんせん)集』(1916)、『軽雷(けいらい)集』(1931)、『軽雷集以後』(1934)などがある。死後『中村憲吉全集』4巻(1937~38・岩波書店)が出た。[近藤芳美]
 春さむき梅の疎林をゆく鶴(つる)のたかくあゆみて枝をくぐらず
『『中村憲吉全歌集』(1966・白玉書房) ▽『日本詩人全集11 中村憲吉・土屋文明・木下利玄』(1968・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中村憲吉の関連情報