コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘秋子 たちばなあきこ

4件 の用語解説(橘秋子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘秋子
たちばなあきこ

[生]1907.6.17. 宇都宮
[没]1971.5.14. 東京
舞踊家。本名福田サク。栃木女子師範学校 (現宇都宮大学) 卒業後,1930年エリアナ・パブロワバレエ団に入団。 33年バレエ研究所を開き,52年には日本で初のバレエ学校を開校。娘牧阿佐美をはじめ大原永子 (のりこ) ,森下洋子らのプリマを育成するかたわら,『白鳥の夢』『第五シンフォニー』などの作品を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘秋子 たちばな-あきこ

1907-1971 昭和時代の舞踊家。
明治40年6月17日生まれ。昭和5年エリアナ=パブロワに入門。戦後橘バレエ学校を設立し,森下洋子らおおくの弟子をそだて,自作の「運命」「飛鳥(あすか)物語」などを公演した。31年娘の牧阿佐美を中心に牧阿佐美バレエ団を結成。昭和46年5月14日死去。63歳。栃木県出身。栃木女子師範卒。本名は福田サク。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

たちばなあきこ【橘秋子】

1907~1971) 舞踏家。栃木県生まれ。本名、福田サク。パブロワに師事。創作バレエの発表や、海外舞踏家の招聘を通して、人材の育成に尽力した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橘秋子
たちばなあきこ
(1907―1971)

バレリーナ、振付者。本名福田サク。宇都宮市生まれる。栃木県立女子師範学校卒業。1930年(昭和5)エリアナ・パブロワの内弟子となり、4年後に第1回の発表会を催す。第二次世界大戦後の50年に橘バレエ学園を設立、娘の牧阿佐美(まきあさみ)をはじめ、大原永子、森下洋子、岡本佳津子(かつこ)など優れたバレリーナを育てた。55年、56年とA・ダニロワ、F・フランクリンを招いて、牧阿佐美バレエ団と合同公演を行ったりした。作品には、『運命』『飛鳥(あすか)物語』『角兵衛獅子(かくべえじし)』など、交響曲を舞踊化したものや日本を題材にしたものが多い。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橘秋子の関連キーワード宇都宮パルコララスクエア宇都宮栃木県宇都宮市旭栃木県宇都宮市桜栃木県宇都宮市滝の原栃木県宇都宮市長岡町栃木県宇都宮市新里町栃木県宇都宮市馬場通り栃木県宇都宮市茂原栃木県宇都宮市若草

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橘秋子の関連情報