歌女(読み)ウタメ

デジタル大辞泉の解説

うた‐め【歌女】

歌い女(め)」に同じ。
古代、雅楽寮に属した女の歌い手。⇔歌男(うたお)

か‐じょ〔‐ヂヨ〕【歌女】

宴席などで歌をうたう芸妓。うため。
「いわゆる狭邪(きょうしゃ)の地でどの家にも―を養っている」〈鴎外魚玄機
ミミズ異称
律令制で、雅楽寮に属して舞楽のときに歌をうたう女。うため。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うため【歌女】

歌をうたうのが巧みな女。 「諸もろもろの遊女・傀儡くぐつ等の-を招きて/今昔 13
雅楽寮に属し、古代から伝わる歌をうたう女。 ⇔ 歌男うたお

かじょ【歌女】

うたいめ。
ミミズの異名。 〔本草和名〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌女の関連情報