コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繁野話 しげしげやわ

4件 の用語解説(繁野話の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

繁野話
しげしげやわ

江戸時代中期の読本近路行者 (都賀〈つが〉庭鐘 ) 作。5巻6冊。明和3 (1766) 年刊。角書「古今奇談」。『英草紙 (はなぶさぞうし) 』『莠句冊 (ひつじぐさ) 』とともに庭鐘の読本3部作の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しげしげやわ【繁野話】

読本。都賀庭鐘作。明和3年(1766)刊。5巻6冊。中国の小説や日本の古典を翻案した奇談集。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しげしげやわ【繁野話】

読本。近路行者(きんろぎようじや)(本名都賀(つが)庭鐘)の2番目の作品。1766年(明和3)刊。5巻に9編の短編を収めている。題簽(だいせん)などに《古今奇談英草紙後編繁野話》とあり,16年前の《英(はなぶさ)草紙》の後編として刊行された。《英草紙》と同様に中国の資料を利用し,《任氏伝》や《白猿伝》,さらに《古今小説》や《今古奇観》などの白話小説を翻案している。また,日本の文献として,《日本書紀》や《太平記》,謡曲《唐船(とうせん)》,中世の野史《浪合記(なみあいき)》なども利用されていて,前作同様和漢の文献が使用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

繁野話
しげしげやわ

江戸中期の読本(よみほん)。近路行者(きんろぎょうじゃ)(都賀庭鐘(つがていしょう))作。5巻6冊。1766年(明和3)大坂菊屋惣兵衛(そうべえ)ら刊。全9話。処女作である前作の『英草紙(はなぶさそうし)』とともに、中国白話(はくわ)小説をはじめ和漢の文献を翻案した奇談集で、すべて歴史小説の形をとりながら、人情を描写し、近代小説に近づいた読本の作風を確立した作品。第3話「紀の関守が霊弓一旦白鳥(たつかゆみひとたびしらとり)に化(け)する話(こと)」は唐代小説『任氏(じんし)伝』、第5話「白菊の方猿掛(さるかけ)の岸に怪骨を射る話」は『喩世明言(ゆせいめいげん)』中の「陳従善梅嶺失渾家」の翻案であるが、第6話「素卿官人(そけいかんにん)二子を唐土に携ふる話」は謡曲『唐船(とうせん)』と『異称日本伝』中の宋(そう)素卿関係の記事をつなぎ合わせており、第7話「望月(もちづき)三郎兼舎(かねいえ)竜窟(りょうくつ)を脱(のが)れて家を続(つ)ぎし話」は甲賀(こうが)三郎伝説を下敷きにしているというように、『英草紙』に比し、中国小説を利用する程度が弱まり、独自に構想をたてたり、日本古典を踏まえる姿勢が出てきている。この姿勢は第三作の『莠句冊(ひつじぐさ)』になるとより濃厚になっている。[徳田 武]
『『日本名著全集10 怪談名作集』(1927・同書刊行会) ▽『雅文小説集』(1934・有朋堂文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

繁野話の関連キーワード近路行者英草紙行者講行者堂行者参り修行者とんだ霊宝チキンロール多湖岐陽平田氏安

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone