コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌沢寅右衛門 うたざわとらえもん

2件 の用語解説(歌沢寅右衛門の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うたざわとらえもん【歌沢寅右衛門】

うた沢寅派の家元名。(1)2世(1813‐75∥文化10‐明治8) 本名,平田虎右衛門。日本橋橘町の畳職で,流行の端唄を美音で歌い,〈平虎(ひらとら)〉と呼ばれる人気者であった。歌沢笹丸(大和大掾(やまとだいじよう)。1797‐1857)が1857年(安政4)6月新流〈歌沢節〉の認可を受け家元となった直後に〈平虎〉は寅右衛門と改名。同年7月2代目家元を譲られ,嵯峨御所より〈相模(さがみ)〉の名を受領する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌沢寅右衛門
うたざわとらえもん

うた沢寅派家元の芸名。歌沢節一流を樹立し、大和大掾(やまとのだいじょう)を名のった歌沢笹丸(ささまる)(1797―1857)を初世とするが、当時遊芸に関する許可などを扱っていた江戸・浅草聖天町の嵯峨(さが)御所出張所より受領後2か月で病没した。[林喜代弘・守谷幸則]

2世

(1813―75)江戸・横山同朋町の畳屋、平虎(ひらとら)こと平田虎右衛門は師笹丸の没後、笹丸を初世とし、2世寅右衛門を名のる。嵯峨御所から受領した歌沢能登(のと)の名を晩年に相模(さがみ)と改名した。[林喜代弘・守谷幸則]

3世

(1838―1904)2世の娘。本名平田かね、前名美知。2世没後の1881年(明治14)に襲名披露した。[林喜代弘・守谷幸則]

4世

(1872―1943)3世の娘。本名平田ゆき。1905年(明治38)に襲名、27年(昭和2)相模と改名。[林喜代弘・守谷幸則]

5世

(1901―83)4世の娘。本名平田秀子。前名寅秀。4世の相模改名と同時に5世を襲名した。[林喜代弘・守谷幸則]

6世

(1930― )5世の実子。本名平田守。5世没後6世を継承した。青年座俳優として活躍している。[林喜代弘・守谷幸則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌沢寅右衛門の関連キーワード歌沢哥沢芝金歌沢節荻江歌沢相模(初代)歌沢寅右衛門(初代)歌沢寅右衛門(2代)歌沢寅右衛門(3代)歌沢寅右衛門(4代)歌沢寅右衛門(5代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone