コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歩障 ホショウ

デジタル大辞泉の解説

ほ‐しょう〔‐シヤウ〕【歩障】

竹・木などで枠を作り、布帛(ふはく)を張り巡らした囲い。目隠しとしたり、女性が外出時に身をおおいかくしたりするのに用いたもの。
葬式の行列のとき、棺の左右をおおう布帛

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほしょう【歩障】

木や竹などを立てて、幕を張った囲い。 「人も見えぬ方なれど、-ひかせ給へり/宇津保 楼上・下
婦人が外出の際に、顔をおおいかくすためにかぶったもの。檜ひのきのわくに布地をたらし、手で捧げて歩いた。 〔和名抄〕
葬列で、棺をおおい囲うもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

歩障の関連キーワード差し几帳和名抄目隠し婦人囲い楼上葬列布地

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android