コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史学研究会 れきしがくけんきゅうかい

3件 の用語解説(歴史学研究会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

れきしがくけんきゅうかい【歴史学研究会】

歴史学に関する民間の学術研究団体。前身は1931年2月に結成された庚午会。32年12月,東京大学の史学科を中心とする若手研究者たちが,満州事変直後の反動的潮流の中で,従来の学会の権威主義的傾向に飽きたらず,進歩的,近代的立場の歴史研究をめざして緩やかな研究と親睦をかねて創立した。機関誌《歴史学研究》は33年11月創刊された。1930年代に活発な研究活動を行い,ファシズム下に良心的な学術研究活動をつづけたが,戦争の激化,弾圧の強化にともない44年全活動を停止し,機関誌も休刊した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歴史学研究会
れきしがくけんきゅうかい

歴史学の民間における中心的研究団体。1931年(昭和6)2月数名の歴史家有志で発足した庚午(こうご)会が、翌年12月に発展的に解消し結成された。従来のアカデミズムの権威主義的傾向や、台頭し始めた反動的国粋主義的思想動向に批判と反発をもつ人たちが、自由で豊かな近代的歴史学の確立を期して意欲的な研究活動を開始、33年11月には機関誌『歴史学研究』を創刊した。以後学界に新しい刺激を与え、時局が戦争へと急転するなかで平泉澄(ひらいずみきよし)らの皇国史観に対抗しつつ幅広い研究との交歓の場となっていったが、戦局の激化と統制の強化のため44年には活動を停止し、機関誌も休刊した。
 戦後、1946年(昭和21)1月の「各国君主制の歴史」講演会で活動を再開、歴史学と歴史教育の分離に反対し、科学的真理の尊重と、人民と学問研究の結合を主唱した。49年より大会統一テーマを揚げ、「各社会構成における基本的矛盾について」(1949)、「歴史における民族の問題」(1951)の提起など、戦後の歴史学をリードした。さらに歴史研究の自由、教科書問題への発言も行い、科学的歴史学の充実と歴史家の社会的責任にこたえようとしている。[松島榮一]
『歴史学研究会編『歴研半世紀のあゆみ』(1982・青木書店) ▽歴史学研究会編・刊『戦後歴史学を検証する――歴研創立70周年記念』(2002)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の歴史学研究会の言及

【東洋史学】より

…これらを背景に30年前後には講壇歴史学に不満をもつ若い学徒が新しい学問の樹立をはかった。東京における歴史学研究会の創設(1932),京大における専門雑誌《東洋史研究》の発刊(1935)などがそれである。前者は単なる考証学の枠をこえた社会史を目ざし,後者はシナ学的文化主義からの脱出をはかるものであった。…

※「歴史学研究会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歴史学研究会の関連情報