コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平泉澄 ひらいずみ きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平泉澄 ひらいずみ-きよし

1895-1984 昭和時代の日本史学者。
明治28年2月15日生まれ。日本中世史を研究。昭和7年ごろから国粋主義にかたむき,皇国史観指導者となる。10年東京帝大教授。敗戦で職を辞し,郷里福井県平泉寺の白山神社宮司となった。昭和59年2月18日死去。89歳。東京帝大卒。著作に「国史学の骨髄」「悲劇縦走」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

平泉澄【ひらいずみきよし】

歴史学者。福井県生れ。1919年東京帝国大学文学部国史学科卒業。日本中世史を専攻アジールの研究などがある。1935年同大教授。皇国史観の主唱者として戦時下の国史学界をリード,社会的にも影響力をもった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひらいずみきよし【平泉澄】

1895‐1984(明治28‐昭和59)
歴史学者。福井県生れ。1919年東京帝国大学文学部国史学科を卒業し,講師,助教授を経て,35年教授となった。日本中世史の研究者であったが,教授就任の前後から熱烈な皇国史観の主唱者となり,戦時下の国史学界をリードするとともに,軍部との関係を深め,社会的にも大きな影響力をもった。太平洋戦争降伏阻止のため皇居を占拠するクーデタ計画(宮城事件)を立てた陸軍将校たちもその信奉者であった。敗戦後東大を辞して,郷里の福井県平泉寺の白山神社に引きこもったが,思想的立場を変えず,皇学館大学学事顧問,日本を守る国民会議発起人などとして活動した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひらいずみきよし【平泉澄】

1895~1984) 歴史学者。福井県の生まれ。東大教授。皇国史観の主導者となり学内に朱紅会を結成。敗戦の日に辞職。著「国史学の神髄」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平泉澄
ひらいずみきよし
(1895―1984)

大正・昭和前半期の日本中世の社会史・精神史研究に業績を残した歴史学者。福井県大野郡平泉寺(へいせんじ)村(現、福井県勝山市)生れ。旧制第4高等学校を卒業。1918年(大正7)東京帝国大学文科大学国史学科を卒業後、引き続き大学院で研究を続けた。1923年文学部講師。1926年に『中世に於ける精神生活』『中世に於ける社寺と社会との関係』を刊行、文学博士、助教授となる。学位論文「中世に於ける社寺と社会との関係」は、アジール論の展開で学界の注目を集めた。1930年(昭和5)渡欧、ドイツ、フランス、イギリスなどを歴訪して翌年帰国。『国史学の骨髄』(1932年)、『建武(けんむ)中興の本義』(1934年)、『万物流転』(1936年)などで国粋主義的立場を鮮明にし、皇国史観を主張し、青年将校などに影響を与えた。1945年8月、敗戦直後に大学を辞し、郷里に隠棲した。[佐藤和彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の平泉澄の言及

【西大寺】より

…金岡東荘に属し,鎌倉末期,実検に際して作成されたと思われる西大寺観音院境内古図の裏書に,市公事が国方地頭方の支配下にあり,酒屋,魚座,餅屋,莚座,鋳物座その他の市座の公事銭の額を定めた文言がみえる。この史料は1926年に平泉澄が紹介して,日本の市座の初見史料として有名になった。《西大寺文書》にも1492年(明応1)以降の市場屋敷の灯油免,雑役免に関する史料がある。…

【蘇塗】より

…ただし,原史料そのままに解するかぎり蘇塗とは別邑のことをさすといえよう。なお平泉澄は日本の対馬にこのアジール的存在に類似したものがあることを報告している。【村山 正雄】。…

※「平泉澄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平泉澄の関連キーワード歴史学研究会終戦反対事件後法興院記大橋巻子栗山潜鋒北畠親房小野寿人大橋訥庵昭和時代名和氏西大寺辞職結成学内光宗神髄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平泉澄の関連情報