コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死生学 しせいがく

百科事典マイペディアの解説

死生学【しせいがく】

死ぬことや死別について,哲学,医学,心理学,文学,宗教などの立場から研究する学問。英語でサナトロジーthanatologyという。 1950年〜1960年代に社会科学のさまざまな分野から,死にまつわる心理学の研究が進み,死と向き合うためのカウンセリング精神療法が発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

死生学

死との向き合い方を学ぶことで、生命の価値やより良く生きることの意味を追究する学問として提唱された。身体や精神、価値観や宗教観まで含めた人間の存在の根源「スピリチュアリティ」に焦点を当て、いかに生きるか問いかける。従来の医療では重視されにくかった終末期患者の支援や「生命の質」を向上させる視点からも注目を集めている。

(2015-03-28 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

死生学
しせいがく

「死」について早くから教育し、心構えができていれば、より人間らしい終末が迎えられるとする学問。死は医療の分野でも日常生活のなかでももっとも忌まわしいものとして考えられてきたが、この考え方が、たとえば濃厚治療などの弊害をうみ、人間の尊厳に満ちた死を妨げているのではないか、という観点から提唱された。上智大学教授(哲学)のアルフォンス・デーケンらが1960年ころから意欲的に先導、理解する人たちもふえている。終末期医療のあり方、尊厳死安楽死といった概念もこの学問の範囲内にあると考えられる。オランダでは2001年に、国家レベルでは世界で最初の安楽死を合法化する法律が成立し、死生学にも新しい局面が広がることになる。
『山本俊一著『死生学のすすめ』(1992・医学書院) ▽山本俊一著『死生学――他者の死と自己の死』(1996・医学書院) ▽波多江伸子著『カーテンコールが終るまで――やさしい死生学』(1995・海鳥社) ▽竹田純郎編『〈死生学〉入門』(1997・ナカニシヤ出版) ▽河野友信編『臨床死生学事典』(2000・日本評論社) ▽アルフォンス・デーケン著『生と死の教育』(2001・岩波書店) ▽アルフォンス・デーケン著『よく生きよく笑いよき死と出会う』(2003・新潮社) ▽難波紘二著『覚悟としての死生学』(文春新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

死生学の関連キーワード東洋英和女学院大学加藤 正明

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死生学の関連情報