毛衣/裘(読み)ケゴロモ

デジタル大辞泉の解説

け‐ごろも【毛衣/×裘】

毛皮で作った防寒用衣服。かわごろも。 冬》「―を脱げば真肌のあらはなり/虚子
鳥の羽毛で作った衣服羽衣(うい)。

もう‐い【毛衣】

哺乳動物の体表をおおう毛の全体をいう語。
毛皮でつくった衣服。けごろも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もうい【毛衣】

毛皮で作った衣。けごろも。
哺乳動物の体表に密生している毛の総体。ヒト・クジラ・ゾウなどでは退化している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もう‐い【毛衣】

〘名〙
哺乳動物体表をおおう毛の総称。下毛とそれをおおう上毛からなり、下毛は軟毛、上毛は粗毛。種々の色彩・模様があり、体表の保護・防寒・防暑など種々の機能を果たす。また、換毛が一定時期に起こり、夏毛冬毛などに更新される。人・クジラ・ゾウなどでは退化している。
② 動物の毛皮で作った衣服。けごろも。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「布帽毛衣曳珮璫双双繊手繍鴛鴦」 〔白居易‐西涼伎〕
③ 鳥の羽毛。鳥の羽。けごろも。〔漢書‐五行志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android