コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心理人類学 しんりじんるいがくpsychological anthropology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心理人類学
しんりじんるいがく
psychological anthropology

広義の人類学のなかで,かつて「文化とパーソナリティ」研究と呼ばれてきた専門の一分野。文化が住民のパーソナリティ形成にどのように関連しているかを研究する学問であり,国民性の研究や,精神障害と文化の関係,文化変化における心理的適応の問題,文化と認識体系などが扱われてきた。 1920年代後半,S.フロイトの精神分析学が盛んとなったアメリカで,E.サピア,R.ベネディクト,M.ミードらによる心理学的な傾向をもつ人類学研究が始った。さらに,精神分析学者 A.カーディナーと人類学者 R.リントンおよび C.デュボアを中心に,40年代には人類学者と心理学者,精神分析学者の共同調査が多くなされ,特に国民性の研究や,ロールシャッハ・テスト,TATなどを使用した研究が盛んに行われた。しかし 1950年頃から,それらのテストの有効性に対する批判がなされて,代りに学習理論や統計的手法が取入れられ,また 60年代に入ると,「文化とパーソナリティ」論では同一文化内にみられる個人差への考慮が足りないという A.F.C.ウォラスらの批判もなされて,学習,知覚,知的発達といった心理過程にまで心理人類学の領域は拡大し,従来の「文化とパーソナリティ」と呼ばれた分野はその一部となった。 73年に個人心理と社会的環境の相互関係をテーマとする雑誌『エトス Ethos』がカリフォルニア大学ロサンゼルス校の人類学者を中心に発刊され,78年にはアメリカ人類学会の下部組織として,『エトス』を機関誌とした心理人類学部会が発足。初代会長は J.ホワイティング。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんりじんるいがく【心理人類学 psychological anthropology】

文化人類学における一分野。かつて〈文化とパーソナリティculture and personality〉論と呼ばれていた研究領域が拡大・展開されたのに伴い,新しく提案された学問名称。1961年F.L.K.シュー(許烺光)が,《心理人類学Psychological Anthropology》という表題の論文集を編纂し,それ以来,この名称がよく用いられるようになった。78年には,アメリカ人類学会の下部機構の一つとして心理人類学会が組織され,《エトスEthos》という機関誌が刊行されるに至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

心理人類学
しんりじんるいがく
psychological anthropology

人間行動の背景となる心理的側面を人類学的に、すなわち現地調査法と比較法、さらには文化に対する全体的視野により解明しようとする学問分野。すでに19世紀の人類学者も心理的側面に関心を寄せており、とくにドイツなどで心理学者と人類学者の交流がみられたが、文化人類学における一つの研究領域として確立したのは、1920年代後半からフロイトの影響を受けてアメリカにおこった「文化とパーソナリティー」学派以降である。R・ベネディクトやM・ミードを中心とするこの研究は、ある文化に生まれ育つことによりいかなる心理的特性を得るかを研究するもので、世相や政情とも絡んで40年代に盛んになる。しかし観察可能な人間の経験と、観察不能な内面の心理的過程との間を科学的に論証する方法論上の弱点は、心理テストなどの開発利用によっても多くの問題を残し、第二次世界大戦後の50年代からは下降線をたどる。しかしながら心理的側面の研究は新たな展開をみせ、その状況に即して名称も「心理人類学」と称されるようになる。まず、今日の人類学にとって避けて通ることのできない「文化変化」との関連において、文化の革新を促進する心理的要因の研究、文化変化に対する適応をめぐる問題、さらに千年王国運動とそれにしばしば伴われる「意識の変化態」altered states of consciousnessの研究へと発展がみられた。また知覚と認知の研究が盛んになり、シンボリズム研究隆盛のなかでエスノサイエンスが新たな分野として台頭した。一方、「文化とパーソナリティー」の流れを継承するものとしては「社会化」socializationあるいは「文化化」enculturationの研究があるが、従来のパーソナリティーから行動面レベルへと研究の重点が移っており、精緻(せいち)な観察記録法や通文化的比較研究など方法論における進展がみられる。[横山廣子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の心理人類学の言及

【文化人類学】より

… アメリカ流の文化人類学は,前記したように総合的な人類学の一分科であるうえに,文化人類学自体も一個の総合科学と考えられている。すなわち,文化人類学は一般に,先史考古学,民族学,社会人類学,言語人類学linguistic anthropology,心理人類学psychological anthropologyなどの諸分野からなるとされるのである。こうしたアメリカにおける人類学および文化人類学のあり方は,アメリカ人類学の父と呼ばれるF.ボアズの学問傾向に由来する。…

【文化人類学】より

… アメリカ流の文化人類学は,前記したように総合的な人類学の一分科であるうえに,文化人類学自体も一個の総合科学と考えられている。すなわち,文化人類学は一般に,先史考古学,民族学,社会人類学,言語人類学linguistic anthropology,心理人類学psychological anthropologyなどの諸分野からなるとされるのである。こうしたアメリカにおける人類学および文化人類学のあり方は,アメリカ人類学の父と呼ばれるF.ボアズの学問傾向に由来する。…

※「心理人類学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

心理人類学の関連キーワードアンソニー ウォーレスD.E. ヤング文化心理学民族心理学育児様式

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心理人類学の関連情報