コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水産物市場 すいさんぶつしじょう

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんぶつしじょう【水産物市場】

水産物の供給と需要とが流通機能により組織されて出会う場であって,水産流通部門を担当する諸機関・企業によって水産物の需給調整,集荷分荷(配給),価格形成などが円滑に行われ,漁業生産活動や国民の食生活の充足に貢献している。 国内の水産物需給の進展とそれに伴う流通基盤の整備,商業資本の成長は従来の水産物市場を大きく変貌させている。まず,供給面では,漁船の冷凍貯蔵設備が普及し,全国の主要漁港に冷凍冷蔵庫が集積されたことによって,遠洋沖合漁業の漁獲物の大半が冷凍水産物として生産されるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の水産物市場の言及

【水産業】より

…上記の遠洋化や養殖化を軸とする展開は,戦後の新たな生産力段階を意味するもので,以降漁業生産量は1973年の第1次石油危機の年の1000万t水準まで,ほとんど直線的な伸びを示す。 戦後の水産物市場は,食用水産物消費量の面では実は1950年に早くも戦前の最高水準を超えていた。戦後の農地改革が生み出した農村における食用水産物市場の拡大がその背景になっており,その増勢は60年代後半まで続く。…

※「水産物市場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水産物市場の関連キーワード市場(いちば)水産物

水産物市場の関連情報